離婚

「別れたい……」夫から離婚を切り出す場合、まれに夫の浮気以外にも原因がある場合があります

「突然、夫から『別れよう』『離婚して欲しい』と離婚を切り出されたんです」……そう言って私の離婚相談室(離婚相談救急隊)に訪れる女性は、実は少なくありません。そこそこ円満な夫婦生活を続けていると思っていても、決して安穏としてはいられないのが近ごろの現実です。

夫から離婚を切り出すには、必ず原因があります。なぜなら男性にとって離婚は仕事においても、親に心配をかけたくないという理由においても、デメリットなのです。だからこそ多くの場合、そこには異性の存在がありますが、浮気が直接の原因ともいえません。

そこで今回は、離婚を切り出されてしまう妻の共通点を考えてみたいと思います。

「女として見られない妻」の場合

「結婚前は、メイクやファッションにも気を遣っていたのに……」結婚前と後で別人のように変貌する妻に嘆く男性は意外と多いもの。自慢の恋人だったのに、いつのまにかオバさん化が進んでしまい、妻にドキドキしなくなってしまったというものです。

家にいるときはいつもスッピン&ルームウェアでいる人は要注意。「家事や子育てをするのにメイクやオシャレは不要」「仕事で疲れているのに家でまで気を遣いたくない」と思う気持ちは共感できますが、毎日、同じようなズルズルした格好の妻に、夫は「女」を感じるでしょうか?

女として見られたいなら、女磨きをおこたらないこと。復活させること。それは見た目だけではありません。気持ちのうえでも、夫にちょっとしたかわいげや素直さを見せ続けることが「いくつになってもかわいいところがあるな」と思わせるコツです。

「減点法で夫を採点する妻」の場合

「家事を手伝わない」「帰りが遅い」「休日も寝てばかり」……そんなふうに不満ばかりが募らせてはいませんか? もしもそうなら、アナタのイライラはもう十分夫に伝わっています。そして、「理由はよくわからないけれど、最近、妙に妻が不機嫌だ」となり、自宅に帰りたくなくなったり、ほかの女性に目がいったりと、離婚の原因となるマイナス方面に向かっていくケースがあります。

結婚前なら「いいな」「ありがたいな」と思えたことでも、結婚をするとそれらは「当たり前」になってしまい、あえてプラスの評価をしなくなる傾向があります。それどころか、とくに女性は相手の欠点を見つけては「こんな欠点がある」「あんなイヤなところもある」と減点していくクセがあります。これをストップするには、あたりまえのことでもプラスの評価をするように努力をすることです。たとえば、「記念日を覚えていてくれただけでもプラス」「髪型を変えたことに気がついてくれたからプラス」というように、当たり前になっていることを再評価してみるのです。

>>次のページでは、「母親になってしまった妻」についての警告です!