今回はこんな質問が届きました

Q.凹凸のない、のっぺり顔がコンプレックスです……。


A.錯覚効果を活用!眉山をつくり、顔の下半身にチークでV字を入れるのがポイント

イメージ画像
おまかせ下さい!これはメイクの最も得意とするところ。目の錯覚効果を使って顔の中に“折り山”を作ってあげましょう。

例えば、1枚の紙をふたつ折りにして広げて立てたところをイメージしてみて下さい。平面だった紙が立体になりますね? このとき手前側に飛び出してくるところが折り山。この折り山が顔でいうところの眉山に当たります。

眉山があると「ここから外側が横顔ですよ」という目の錯覚効果がうまれ、奥行き感、立体感が出せるんですよ。

ちなみに眉山は角度をつけて強調するというよりは、存在感を際立たせてあげればOK。例えば眉山の上をハイライターで明るくする、その程度でも十分強調できます。

もうひとつは下半顔にV字をつくってあげること。目からアゴにかけての部分にチークでV字の引き上げラインをつくります。

具体的にはチークを頬の丸いところから耳の上のこめかみまで、頬骨に沿って斜めうえに引き上げるように入れます。このV字ラインも、やはり目の錯覚効果で立体的にすっきりとさせ、顔に奥行きを見せてくれるのです。この折り山とV字ラインでのっぺり顔はかなり解消されます。試してみて下さい。

山本浩未さんおすすめのアイテム

 

ちょっと効かせるだけで眉ラインがシャープに洗練されるハイライトペンシル
「眉山の外側を軽くなぞり、指でぼかすだけでOK。ライトベージュは自然に眉を明るく際立たせてくれます」(山本さん) 
ハイライター:1 2625円/リューヴィ

 
 

 
 

SK-IIから生まれたスキンケア成分配合の血色チーク
今までなかったのが不思議なSK-IIのメイクキャップライン。スキンケア成分に加え、透明感のあるもともと肌がキレイな女性にというコンセプトのチークカラー。
SK-II COLOR クリアビューティ ブラッシャー 41/6825円(編集部調べ)/マックスファクター

 

 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。