少額短期保険の使いかたのコツ

少額短期保険の活用を考えてみましょう

少額短期保険の活用を考えてみましょう

少額短期保険は取り扱う額は少額ですが、保険料は割安で掛捨、業者によっては既存の保険会社などでは取り扱いをしていないユニークな保険の取り扱いもあります。


使い方としてこれらのポイントを念頭において考えるこ少額短期保険の使い方の方向性が見えてきます。

  •  最低限の保障で保険料を極力押さえておきたいとき
  •  保険や共済にプラスして保障を拡充したいとき
  •  少額短期保険業者しか取り扱っていない特種な保険のニーズがあるとき

少額である分、保障も少なめになりますが、生命・医療保険でも年齢によって保険料が変わらない商品もあるので、保険料を極力押さえたいときなどにマッチングします。

また既存の保険や共済で保障をカバーしきれない場合にそれをカバーする商品に加入するのも方法です。東日本大震災の後、地震保険に注目が集まっていますが、地震保険はもともと住宅の評価額をフルカバーすることができません。こうした場合に不足する分を少額短期保険で取り扱いのある地震費用保険などで補うことができるわけです。

新しい分野の保険を販売しているところもあります。例えば賃貸アパートやマンションを持つ大家さん向けの保険。これは孤独死や自殺などが賃貸している部屋で起きた場合、その部屋の物理的損害を保険でカバーします。

既存の保険会社では取り扱いはありませんがニーズが高いものです。このように特定のマーケットを対象にした保険が他にも次々に新しいものがでてきたりもしますので、自分が何か困ったときに色々調べてみるといいでしょう。

少額短期保険について正しい情報を得て、自分に必要かそうでないかを判断することが求められます。色々な保険が次々にでてきますから、積極的に情報収集することもポイントです。

【関連記事】
少額短期保険と保険は何が違うの?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。