購入の成否は販売店選びにかかっている

中古車選びに夢中になりすぎて、つい中古車販売店を選ぶことがおざなりになる人もいますが、「良いお店」を見つけることは、中古車においては特に重要です。購入後「あぁ良いクルマを買えた」となるのも中古車販売店次第だからです。

例えば展示されている車がすべてキレイに洗車されているお店は、商品である中古車に愛情を感じますし、車に詳しいスタッフは購入後に何かあった際に、頼もしいですよね。さらに「この車は右側を修復していますが、走行に支障はないんですよ。でも修復がある分、安いです」など、デメリットも包み隠さず教えてくれるとか。

こういった、あなたが「ここなら安心だ」と思える中古車販売店が「良いお店」です。時には別の人にとっては良いお店でも、あなたにはさほど良くないということも往々にしてあります。ですあkら、あなたが「ここなら安心だ」と思えるお店を見つけてください。

お互いの感情の行き違いがトラブルの元

なぜこんな曖昧な基準しか言えないかというと、実は、中古車販売店とのトラブルは、お互いの感情の行き違いによるものが多いからです。

例えば上記の例を逆さまに考えてみてください。展示車両が汚い、スタッフが車についてよく知らない、何か訪ねてもはっきり返事をしない……。そういったお店で購入して、その後何かあったら「ほら、やっぱり!」となりませんか。

中古車は機械ですし、消耗品はいつ寿命がくるのか使い方で変わってきます。ですから購入時点では問題が無くても、購入後にバッテリーが上がったり、ヘッドランプが切れたりしても、本来不思議はありません。しかし、中古車販売店にあまり良い感じを持っていないと、それがお店のせいになりがちになります。

複数の販売店を訪れることが大切

それに、そういった消耗品の交換や修理、車検などで、購入後もお世話になるわけですから、気持ち良くお付き合いできる中古車販売店であることはとても大切なのです。

また前章で述べたように、諸費用の中でも代行活動費用は中古車販売店ごとに異なります。人によっては「これはいくらなんでも高いなぁ」という金額も時にはあります。だったら、複数のお店で見積もりをとって比較検討してみればいいのです。それに複数店へ行くことで、それぞれの対応も比較しやすくなるはずです。

日本にはたくさんの中古車販売店があります。その中であなたが納得できるお店に出会うことは難しくありません。ただ実際にお店へ行ってみないと、「どんな中古車販売店があるのか」わかりません。

特に初めて中古車を買うような人は2~3店は回ってみたほうが良いでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。