中古車ディーラーは品質も価格も高めが中心

中古車を販売するお店(中古車販売店)は中古車ディーラーと、中古車専門販売店の二つに分けることができます。それぞれに購入者にとってのメリット・デメリットがありますから、その特徴を押さえておくことは大切です。

中古車ディーラーとは新車ディーラー同様、自動車メーカーの系列ですから、基本はそのメーカーの中古車を主に販売しています。そのため、希望車種が決まっている人なら、同じメーカーの中古車ディーラーへ行けば品揃えが豊富である可能性が高いと言えます。

しかし、最近では他メーカーの中古車を扱うところも多く、特に国産では、あえて「トヨタ」とか「日産」という名前を伏せて他メーカーの中古車も数多く扱う販売店があります。

また新車の下取り車など、比較的年式の浅い車やワンオーナー車が多いのも特徴です。それらを別ページで紹介する認定中古車として、高品質な中古車として販売もしています。また1年保証など保証期間が長く、万が一の際に全国の同系列のディーラーで整備が受けられるという特徴があります。

ただし、それらのぶん価格は全体的に高めです。

中古車専門販売店は品揃えや安さが魅力

いっぽう中古車専門販売店は、中古車ディーラーよりも一般的に価格は抑えめです。だからといって中古車の質が悪いかと言えばそうではなく、年式の浅い車やワンオーナー車も揃っています。また人気車種や輸入車、中にはメーカーまで絞って品揃えしている販売店もあり、そうしたところは専門知識が豊富だったりします。

ただし保証は中古車ディーラーよりも短いところがほとんどです。

そのほかの買い方としては、ネットオークションや個人売買があります。いずれも間に中古車販売店がない分、安く買えるのがメリットですが、前オーナー等とのやりとりが必要ですし、それがトラブルに発展したりしますので、注意が必要です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。