資産運用の方法としてよく「単利運用」と「複利運用」と言う方法が挙げられます。「単利運用」は元本を毎年一定額にリセットして運用する方法で「複利運用」は元本と運用益を全て追加して運用する方法です。
システムトレードの世界でも他の資産運用と同様に単利運用と複利運用ではその運用成績に大きな差が表れますが、トレードの場合金利と異なり成績にばらつきがあるため単利と複利でどれほど運用成績に差がつくかご存知の方は少ないと思います。そこで今回は、システムトレードにおいて単利と複利でどれほど成績に差が開くのかについて解説します。

今回ご紹介する売買ルールは私が実際に使っている売買ルールなのですで売買ルールそのものは非公開ですが、同じ売買ルールを用いて単利運用と複利運用でどれほど成績に差が出たかについて見たいと思います。

まずは単利運用の結果です。

単利運用(元本)100万円の検証結果

システムトレード

出所:システムトレードの達人


勝率: 82.00 %
勝ち数: 82 回
負け数: 18 回

平均損益(円): 19,011 円  平均損益(率): 8.18 %
平均利益(円): 30,426 円  平均利益(率): 12.99 %
平均損失(円): -32,992 円  平均損失(率): -13.72 %

合計損益(円): 1,901,055 円  合計損益(率): 818.13 %

最大ドローダウン(簿価ベース): 112,000 円(2008/04/01)
最大ドローダウン(時価ベース): 139,650 円(2011/03/15)

プロフィットファクター: 4.201
平均保持日数(イグジット済み銘柄のみ): 2.55 日