1ヶ月で脂肪1kg痩せプラン・通勤プラン編

通勤ウォーキングで日々の消費を

通勤ウォーキングで日々の消費を

会社への行き帰りに、1駅分(もしくは時速6kmで15分の距離)を歩く


1駅歩くのが難しい人は、駅から家までのルートで遠回りできる道を選び、1回に15分、余計に歩きましょう。朝から面倒と考えがちですが、逆に考えれば「たった15分」で良いのです。好きな曲を3曲程度聞けば、ウォーキング30分が消費できました。

次に、ウォーキング15分に相当する動きを、他に2つ行いましょう。

●階段昇りを8分
これは、ウォーキング15分相当となります。(駆け上がると4分で同等のカロリーを消費できるので、体力に自信のある方は取り入れてみましょう)。1分間で2階分を目安に昇るスピードで、オフィスや駅などできるだけ階段を使いましょう。

●軽いエクササイズやストレッチを20分
これは20分でウォーキング15分相当となります。10分づつ、朝や寝る前に行う事が出来ます。

その時に、ウォーキングへの効果が高い、肩甲骨へのアプローチを行いましょう。方法は次ページで紹介しますので参考にしてください。


1ヶ月で脂肪1kg痩せプラン・主婦プラン編

拭き掃除は効果絶大

拭き掃除は効果絶大

日常自宅にいる主婦は、通勤を利用したウォーキングがしにくいですね。そこで、買い物時の遠回り、に加えて、少しハードな家事をプラス。

■ウォーキング30分(時速6km目安で)
オフィスプランと同じように、1日の中で時間を分けても構わないので、いつもより遠いお店まで買い物に行く、遠回りに変更するなど、
日常生活でのウォーキング時間を増やしましょう。

■窓ふき・床の雑巾がけを20分
これで、ウォーキング15分に相当します。日々の掃除の時間を利用しないなんてもったいない! 掃除機での掃除に比べ、モップがけや雑巾がけは消費カロリーが多くなります。

特に、お風呂掃除のような足腰の上下運動があるもの、窓ふきのような腕を高い所に上げて行う掃除は、筋トレ効果も期待できます。毎日違う場所を掃除していれば、家中ピカピカになって、カロリー消費にもつながりますよね

■軽いエクササイズやストレッチを20分
オフィスプランと同じように、ウォーキング15分相当となります。ウォーキングに行く前後に10分づつ加えると、準備運動とアフターケアになりますので、柔軟な筋肉が保たれ、痩せやすい身体になります。方法は次ページで紹介しますので参考にしてください。

では早速「1ヶ月で脂肪1kg痩せ・エクササイズ」の紹介です。