北欧風ゆったり目のデスク 

リビングに置きたいデスク

たっぷりとした作業面が確保できるアントンシリーズのデスク。引き出しの裏側には、オープン棚あり。壁と放してレイアウトするのも◎。右上:ホワイトアッシュ材のブラウン 右下:同じ材のナチュラル(画像:イデー)

どこか懐かしい感じのする北欧テイストのデスクは、イデーの「アントンシリーズ」。巾1200mm奥行き700mmがあり、ゆったり使えるサイズ。本格的な書斎デスクとしても良いでしょう。

このデスクは、引き出しの奥行きが天板の半ばまでで、文具などの小物の取り出しがしやすくなっています。引き出しの裏側は1段の棚(箱状の窪み)になっていて、デスクを壁に付けず空間の中に置いた際、その棚にちょっとしたものを飾ることもできるのだそう。裏側も是非見せたいデスクです。

木目を活かしたホワイトアッシュ材でブラウンとナチュラルの2色あります。
【 ANTON DESK White Ash 】
サイズ:W 1200mm D700mm H 720mm
価格:136,500 円(税込)
詳しい商品説明はこちらで。
URL:http://www.idee.co.jp/

優美なトラディショナルデスク 

リビングに置きたいデスク

マルニ木工の中でもロングセラーのロイヤルシリーズ。優美なデザインが魅力のデスク。※椅子の張り生地は参考イメージになります。(画像:マルニ木工)

優美で伝統的なクラッシックスタイルのリビングに合う、マルニ木工「ロイヤルシリーズ」のデスク。
木目が細かなソロモンマホガニー材を使い、先細りの脚、引き出し部の扉のくり型、金色の金具など、繊細で美しいデザインに仕上げています。

こちらのデスクは、巾720mm奥行き480mmと小ぶりなので、ちょっとした書き物向き。パソコンなどの電子機器を使うより、万年筆で丁寧に手紙をしたためる、そんなゆったりとした時間を楽みたい方に向いているでしょう。

【ロイヤル デスク72】
サイズ:W720mm D480mm H 880mm(総高)
価格:106,050円
詳しい商品説明はこちらで。
URL:http://www.maruni.com/jp/

【関連サイト】
イデー
カンディハウス
マルニ木工
ワイスワイス

【関連記事】
ワークスペースをリビングに作る!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。