広島県の郷土料理 広島風お好み焼き

カテゴリー:その他郷土料理百選

 

生地と具を混ぜあわせないのが特徴の「広島風お好み焼き」

鉄板の上で薄く焼いた生地に大量のキャベツ、もやし、豚肉の順でのせてからひっくり返して蒸し焼きにします。別で作った焼きそばと薄く焼いた卵とあわせて食べる人気のご当地料理。ソースはどろっとした甘口のものを用いるのが一般的で、お好みでマヨネーズをかけて食べます。関西風お好み焼きとよく比較されますが、その発祥は別々です。

現在では飲食店や祭りの屋台など、日本全国で見かけられ、当地ではお酒の席のしめとしても愛されています。

レシピ協力:ロケーションリサーチ株式会社



広島風お好み焼きの材料(1人分

広島風お好み焼きの材料
ミックス粉 30g
20cc
豚バラ肉 (豚ばら薄切り)40g(目安3~4枚)
L1個
キャベツ 1/4個
もやし 20g
ねぎ 40g
天かす 10g
鰹節 (削り粉)少々
とろろ昆布 少々
中華麺 1玉
ソース (お好みソース)50g
青のり 適量
紅しょうが 適量
マヨネーズ 適量
ごま 適量

広島風お好み焼きの作り方・手順

広島風お好み焼きの作り方

1:

生地作り。ミックス粉30gに対して水20ccを入れ、粉ダマができないようによくかきまぜる。50ccの生地が出来上がる。

2:

180~200℃に熱した鉄板の上に、生地40ccを薄く円状にひく。

3:

2の上に削り粉をまんべんなく振り、千切りキャベツ、とろろ昆布、天かす、ねぎ、もやし、豚肉、の順にのせた後、1で作った生地10ccを全体にちらす。

4:

へらでめくって、下の生地がきつね色になっていたら、ひっくり返して、蒸し焼きにする。

5:

4とは別に、中華麺を鉄板で炒める。焼きそばソースで味付けし、お好み焼きの大きさに整える。

6:

4を5の上にのせ、数秒間押しつけて中華麺となじませる。

7:

6とは別に、鉄板に卵を割りお好み焼きの大きさに広げ、6をのせ、ひっくり返す。

8:

お好み焼ソースをぬり、青海苔をかける。お好みで、薬味をかけて出来上がり。

ガイドのワンポイントアドバイス

広島県の細もやしを使うと、より本場の味と食感に近づけることができます。広島名物イカ天としそのトッピング、お薦めです!女性からは餅とチーズのトッピングが人気ですね。作る際は、手順5で作り終えた麺の上に餅をのせて下さい。チーズは中にはさみこむか、それとも完成時に上からふりかけるかはお好みで。ソースが甘いので、胡椒や一味唐辛子をかけるなど、自分好みの味をぜひ見つけてみて下さい。(広島お好み焼 こてうま 生田目(なまため))
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。