化粧水で水分を補給する

化粧水

化粧水は水分補給をしたり、拭き取りをしたりといろいろと使えるアイテムです。上手に生かしましょう。

スキンケアの基本は洗って清潔にした後に、潤いを補給することです。洗顔やシェービングの後、肌に塗る化粧水は乾いた肌に水分を補給するためのもの。肌の状態を健やかに保つのにぜひ、やっていただきたいものです。化粧水はトナーやローションとも呼ばれ、男性用のものもたくさんあります。

しかし、なぜ化粧水が必要なのでしょうか? まずはその理由を解説しましょう。洗顔により皮脂だけではなく、水分もまた奪われています。水分と油分のバランスがとれて、張りのある若々しい肌でいられます。乾燥により、水分が少なくなると肌のバリア機能が低下して、外界からの刺激に弱くなってしまいます。そこで、洗顔などで奪われた水分を補給するのが化粧水の役割なのです。

男性はスプレー式が便利

化粧水

スプレーは顔全体にまんべんなく塗布することができます。たっぷりと水分を補給しましょう。

化粧水をつけるのが苦手という男性は多いもの。手にとってもこぼしてしまって、うまく塗れないという話はよく聞きます。そんな初心者の男性には、細かい霧を直接、肌に塗布できるスプレータイプが便利でしょう。ただプッシュとスプレーするだけという手軽さです。

もちろん、普通に手にとって、なじませるのもOKです。洗顔後は、乾燥しやすい頬やアゴなどのUゾーンから先に塗布して、次にTゾーンへと移るのがベター。顔の凹凸に合わせて、漏れなく塗布してください。

次のページではコットンを使った方法とスペシャルケアをご紹介します。



じっくりとつけたい人はコットンを

化粧水

コットンにとるとムラなく、塗布することができます。ヒゲの薄い人や乾燥気味の人は試してみて。

女性のようにコットンを使うという人もいるでしょう。もちろん、OKです。顔は意外と凹凸が多いので、コットンに浸しておけば凹んだところにもつけやすく、顔全体に塗布できるからです。
しかし、一部の男性には不向きな場合も。まず、ローションをコットンに染みこませたり、パッティングしたりと時間がかかること。次にヒゲを伸ばしている人はもちろん、剃っている人でも、少しヒゲが伸びてきた夜はコットンがヒゲに引っかかって、繊維が顔についてしまうからです。さらに、コットンは力の加減が難しく、こすりつけてしまうと刺激となってかえってトラブル招いてしまうのです。

 

肌にじっくりと浸透させる

化粧水

化粧水を塗布した後に、ハンドプレスをすることで、化粧水がしっかりと浸透します。慌てずゆっくりと。

肌にスプレーでも、手で塗っても、あるいはコットンでもよいのですが、ローションをまんべんなく塗布したら、軽く手で押さえましょう。こうするだけで、肌への浸透がよくなります。目安は肌がもっちりとしてくるまで。手に吸い付いてくるようになれば、水分が行き渡った証です。もし、足りなければ、化粧水をさらに追加して、二度づけ、三度づけをしてください。

 


乾燥がひどければパックをする

化粧水

乾燥がひどければ、部分的にパックスをするのも有効です。5~10分くらいおくのがが目安。

夏の紫外線や冬の気温の低下などで、新陳代謝が鈍ります。さらに秋~冬にかけては、空気が乾燥して肌がカサカサに乾いてしまいます。ただでさえ男の肌は、皮脂が多いので、放っておくと脂っぽい肌になりがち。しかもそれがシワやくすみ、たるみの遠因にもなります。

そこで、水分補給が必須となると今まで説明してきました。しかし、普段のケアだけでは足りない場合があります。このダメージは意外と根深いもの。それに対処するためには、化粧水を染みこませたコットンやマスクを肌に乗せて、乾燥対策をするとよいでしょう。

このようにしっかりと水分を補給することが、大切なことはおわかりいただけたでしょうか。これから、毎日、こつこつとやってみると、肌の調子が違うことに気づくでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。