『朝活ダイエット』~運動編~

■運動は朝がオススメ!

朝に運動して高代謝ボディを作ろう!

朝に運動して高代謝ボディを作ろう!

ダイエットを効率良く行うには、朝の時間帯に運動することがもっとも効果的だといわれています。朝目覚めた後は交感神経が活発に働く時間帯で、同じ運動でも夜にくらべると10%程度も多くエネルギーを消費するそうです。

また通常は、朝から昼に向けて徐々に代謝が上がっていくものですが、朝に運動することで一気に代謝が高い状態となり、それから日中はほとんどずっと代謝が高い状態を保てます。さらに、食事によって摂取したカロリーも効率よく燃やすことができるので、ダイエットの効果も高まるというわけです。

一方、徐々に代謝が下がる夜に運動をすると、運動をしたときは一時的に代謝は上がりますが、すぐに低い状態にもどります。また、代謝が高い状態では、なかなか眠りにつけず、安眠という観点から見ても夜に運動をして代謝を上げるよりは、朝に運動した方が◎というわけです。

■効果的な運動内容
目覚めにコップ一杯の水を飲んだ後orヘルシーな朝食を摂った後(*『朝活ダイエット~食事編~』でご紹介)で、軽めの筋トレ→有酸素運動を行うとダイエットに効果的です。

筋トレを行うことにより、脂肪が燃えやすくなる成長ホルモンが出ます。この成長ホルモンが出ている間に有酸素運動であるウォーキングやジョギングを行うと、脂肪を早く燃やせるというわけです。また、筋トレにより筋肉を付けておけば代謝もよくなり、ウォーキングの効果も上がって痩せやすくなります。

目安として、筋トレは10~20分、有酸素運動は20分以上行うと効果的ですが、続けることが大事なので、自分のライフスタイルに合わせて調整していきましょう。

なお、朝にぐったりするほど運動してしまうと、日中の仕事等で必要な糖分も使ってしまい活動的な生活を送れなくなってしまうので、やり過ぎには注意しましょう。

■朝の「ながら運動」で代謝アップ
「忙しい朝に筋トレや有酸素運動をしている時間がない!」という人も多いでしょう。そんな場合は、「歯磨き中は片足を上げる」「通勤電車の中ではよい姿勢をキープする」「階段を使う」「スピードを上げて駅まで歩く」等をして、貴重な朝時間を朝トレタイムにすると効果的です。

以上のように意識するだけで、各部の筋肉が鍛えることができ、日常生活がトレーニングへと変わって、自然と痩せやすい体質に近づくことができます。

『朝活ダイエット』のために重要な「寝活」

『朝活ダイエット』を効率よく行うには、寝る前の過ごし方も重要です。特に、寝る前のストレッチで使った筋肉をほぐすことで、筋肉量が効率的にアップし、やせやすい体になっていくのです。

また、寝ている間は自然治癒力が働くので、ストレッチをして筋肉をほぐしたり骨格を整えることで、自然とよい状態に調整してくれます。快眠は成長ホルモンの分泌も促すので、『朝活ダイエット』の効果を高めてくれます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。