8月の株式市場における傾向

まず8月の株式市場は上がりやすいのか、下がりやすいかを調べるため下記の条件で検証を行いました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
検証対象:全銘柄
検証期間:1990年~2011年7月

買い条件
・8月第一営業日の翌日に買い

売り条件
・30日経過後に売却
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

まず8月の始めに全銘柄を購入し30日経過後に売却した場合について検証を行うことで、仮に損益がプラスなら8月は株価が上がりやすい月と言えますし、逆に損益がマイナスならば8月は株価が下がりやすい月だと言えるでしょう。では検証結果を見てみましょう。

検証結果

システムトレードの達人

出所:システムトレードの達人


勝率: 39.25 %
勝ち数: 20,302 回
負け数: 31,420 回
引き分け数: 924 回

平均損益(円): 616 円  平均損益(率): 0.31 %
平均利益(円): 29,906 円  平均利益(率): 14.95 %
平均損失(円): -18,293 円  平均損失(率): -9.15 %

合計損益(円): 32,406,426 円  合計損益(率): 16,200.57 %
平均保持日数: 32.57 日

検証結果を確認すると合計損益がプラスで1トレードあたりの平均損益もプラスでしたが勝率自体は39%ですので、株式市場にとって8月は、全体として値下がりする銘柄の方が多いが、仮に値上がりしたときの値上がり幅が大きいので総合的に考えると好調な月と言えるのではないでしょうか。それではその8月に好調だった銘柄を見てみましょう。

8月好調銘柄
システムトレードの達人

出所:システムトレードの達人


図は8月に成績の良かった銘柄のランキングです。過去勝率が100%で、かつ勝ち数も3回以上ある銘柄をピックアップすると・・・・

・2221岩崎製菓(米菓製販)
・9382バンテック(自動車部品輸送)
・3086Jフロント(百貨店大手)

これらの銘柄の成績が好調でした。
また勝率100%ではないものの勝ち数が多く、成績が良かった銘柄は以下のとおりです。

・9828元気寿司
・8905イオンモール
・9843ニトリホールディングス
・7616コロワイド


このようにみると8月は外食関係や食品関係が相対的に好調な月だと言えるでしょう。好調の要因はずばり株主優待狙いの買いが入りやすいからだと考えられます。外食や食品は8月が中間決算の銘柄が多いため優待狙いの買いが入りやすいのだろうと考えられます。8月はぜひ外食、食品銘柄に注目してくださいね。

1500名以上が受講する無料メールセミナーで統計トレードをしっかり学びませんか?登録はこちらです。

(このテーマでの検証については、【システムトレードの達人】を使って検証しています。記事の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。当社及び関係者は一切の責任を負わないものとします。投資判断はご自身の責任でお願いします。)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。