2011年7月20日、ついに新Mac OS X「OS X Lion」がリリースされました! デスクトップを効率よく使うことができる「Mission Control」をはじめ、書類の変更を戻せる「バージョン」や、うっかりミスを防止して大事なデータを保護する「オートセーブ」など、実用性の高い新機能が充実しています。

完全64bit対応によって、動作速度も向上し、Magic Mouseやマルチタッチトラックパッドのジェスチャーも増え、あらゆる操作がより一層快適になりました。


ダウンロード&インストールはApp Storeから

OS X Lionは最新版のSnow Leopard(Mac OS X 10.6.8)で動作するApp Storeから購入します(2600円)。通常のAppと同様に購入し、インストーラをダウンロードしたら、自動的にインストールが始まります。そのまま画面の指示に従って操作すればOK。
インストールの流れ

アップグレードでも問題ありませんが、すぐに10.6に戻せるよう、別パーティションを分けてフォーマットしたドライブにインストールしたほうがベスト


OS X Lionは完全64bit対応のため、動作するMacが限られています。以下の対応表から自分の持っているMacが使える機種かどうか確認してください。なお、OS X LionをダウンロードするにはMacがSnow Leopardで動作している必要がありますので、機種や購入日によっては別途入手する必要があります(Snow LeopardはオンラインのApple Storeで購入できます)。

●OS X Lion 対応Mac一覧表
OS X Lion対応Macリスト

Intelプロセッサに変更したばかりの2006年モデルは非対応


→フルスクリーンとMission Controlの巧みな操作性