北京の博物館巡りに、知っておきたい基礎知識

首都博物館

首都博物館。伝統的な結婚式の様子を蝋人形で再現

北京には故宮(紫禁城)や万里の長城など世界遺産や歴史遺産が星の数ほど存在するので、なかなか博物館まで目がいかないのですが、実は、北京はロンドンに次ぐ博物館数を誇る文化芸術都市なのです! このページでは北京の博物館観光のためのお役立ち情報を紹介します。

博物館登録数アジア第一位の北京、その実態は?

中国電影博物館

中国電影博物館。中国映画創成期の撮影風景を蝋人形で再現

北京自然博物館

北京自然博物館。展示品の公開だけでなく体験コーナーも充実

2011年1月の発表では北京の博物館は152箇所、ロンドンに次ぐ世界第二の登録数を誇っています。ただし、ここで留意しなければならないのは「博物館の定義」です。本来、博物館(ミュージアム)とは 価値のある事物、学術資料、美術品などを公開する施設のことで、日本では資料館、美術館、文学館、歴史館、科学館、水族館、動物園、植物園と呼ばれる施設も、世界基準ではれっきとした博物館。実際、北京の博物館には植物園や水族館も含まれています。

そういった意味では日本の博物館と名乗っていない実質的に博物館である施設を数えれば相当数になるともいわれていて、実質上のアジア第一はどこだろう?となるのですが、北京市が博物館事業に市を挙げて取り組んでいるのもまた事実。国際博物館の日(5月18日)には一部博物館を無料開放したり、次で紹介する「博物館通票(博物館パスポート)」を発行したり、市民に博物館の魅力を伝えようとがんばっています。

「北京博物館通票(北京博物館パスポート)」とは?

北京博物館通票

左ページに博物館の紹介、右ページにおすすめ展示品と詳細データが掲載

北京博物館通票

パスポートよりやや小さめサイズ。ポケットに入れて持ち歩くことも可能!

「北京博物館通票(北京博物館パスポート)」とはいわゆる博物館のクープンブックで、提携している博物館を割引価格や無料で利用できます。毎年12月に翌年のものが発売。有効期限は1月1日~12月31日の一年間です。そして、 北京博物館通票はただのクーポンブックではなく、各博物館の概要、連絡先や開館時間、定休日、アクセス方法などの詳細も紹介されているスグレモノなのです。

ちなみに2013年版は2012年12月に一冊120元で発売開始。紹介されている博物館や観光地は108カ所、うち39カ所は一般的に無料公開されているところ(一般的に事前の予約が必要)で、69カ所が本書のクーポン使用可能なところ。クーポン使用可能の箇所も年間何度も利用できるというわけでなく、一箇所の博物館の利用は1、2回と制限。大多数が2回なのですが、この2回を友人と一緒に一度で利用することも可能となっています。北京の博物館の入場料は高いところになると50元、90元というところも少なくなく、数箇所利用するだけでモトがとれてしまうお得な一冊です。ちなみに2012年版は全部利用すると2300元以上の割引となるのです。

北京博物館通票(正式名称:北京博物館之旅通票)
TEL(販売):010-6221-3256/6221-3275/8666-0651/8666-0652