万年筆だけでなくボールペンでも紡いできた歴史

創業者、ジョージ・サッフォード・パーカー

創業者、ジョージ・サッフォード・パーカー

パーカーは1888年に創業。初の特許モデルである「ラッキー・カーブ・ペン」により、万年筆が常に抱えていたインク漏れという問題を解決し、厚い信頼を獲得した。「優れたペンを作り上げること」という創業者、ジョージ・S・パーカーのモットーを頑なに継承し、歴史的なイベントと交錯しながら成長を遂げていく。

有名なのは1945年の出来事。ミズーリ号の甲板上で交わされた太平洋戦争終結文書の調印に、マッカーサー総司令官がパーカーの万年筆「デュオフォールド オレンジ」を使用している。さらに1992年には、アメリカとロシアの間で締結された第二次戦略兵器削減条約(START 2)の予備条約調印の際にも、両国大統領が「デュオフォールド オレンジ」を使用した。

一方、初めて発売したボールペンは1945年の「ジョッター ボールペン」。そしてそのDNAは、今日のジョッターシリーズや各コレクションへと受け継がれていく。さらに1991年に行われたロナルド・レーガン大統領図書館のオープン記念式典では、歴代アメリカ合衆国大統領の平和貢献に敬意を表した特別なボールペンを作製。英国王室御用達(ロイヤル・ワラント)に認定されたこともある品質は、ボールペンにおいても認められている。ブランドのアイコンであるアロー(矢羽)クリップが付属している限り、クオリティの高さはお墨付きと言って良いだろう。

次のページでは、現在を象徴するボールペンを紹介する。

女性のためのピンクゴールドは男性にもとっても魅惑的

「ソネット ピンクゴールド CT ボールペン」1万5750円

「ソネット ピンクゴールドCT ボールペン」1万5750円

パーカーのベストセラーシリーズとして知られる「ソネット」は、1993年に発売されて以来、時代性を問わない洗練されたデザインと確固たる品質で人気を集めてきた。実はそんな「ソネット」から、パーカーとしては初めての女性向けコレクションが発表された。大きな特徴は、可憐なピンクゴールド。ただし、その上品でソフトな煌めきは、男性の心も捉えそうだ。いずれにしても日本人の肌に馴染みやすいカラーであり、ピンクゴールド一色のタイプに加え、パールホワイトやメタリックカラーを組み合わせたタイプもラインナップされている。

新しい「ソネット」の素材や加工には最新の製法技術が採り入れられているが、18金のペン先による滑らかな書き心地はパーカーが培ってきた伝統を継承。ひたむきなクラフトマンシップが注入されている。そんな品質や機能性に加え、時計やジュエリーと同じようにファッションとマッチするデザイン性もプラスされたということは、これからのパーカーはますます目が離せない存在となったということだ。

【関連リンク】
パーカー

【関連記事】
ウォーターマンの歴史とボールペン
カランダッシュの歴史とボールペン
ゼブラの歴史とボールペン
クロスの歴史とボールペン
フィッシャーの歴史とボールペン
デルタの歴史とボールペン
ペリカンの歴史とボールペン
ロットリングの歴史とボールペン
エス・テー・デュポンの歴史とボールペン
セーラーの歴史とボールペン



投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。