ビスポークのスーツのように、味わいと品質を兼備

厳選した最高級の素材で仕立てた筆記具は、手にするだけで上質な気分

厳選した最高級の素材で仕立てた筆記具は、手にするだけで上質な気分

デルタが創設されたのは1982年。比較的最近だが、南イタリアのパレーテが発祥地とうことで、アルチザン(伝統職人)による最高水準の製品づくりを目指している。その品質が認められ、1994年にナポリで開催された「G-7サミット(先進国首脳会議)」では、各国の調印式にデルタの万年筆が採用された。

万年筆のサイドレバーを起伏させるインク吸入システム、上着のポケットを傷めないローリングウィール(車輪)クリップなど、独自に開発した数々のシステムからはこだわりが感じられる。また、金や銀、セルロイドや特殊レジンなど、厳選した素材の筆記具作りでも高評価を獲得。妥協知らずの作りも真骨頂で、高級筆記具ブランドとしても誇りが随所に見て取れる。“流儀の表現”としての紳士的な筆記具が揃っている。

その一方、少数民族をフィーチャーした限定モデル「インディジナスピープル コレクション」も特徴的。実はこれまでにも「アイヌ」、「コサック」、「マオリ」、「トゥアレグ」、「イヌイット」、「ネイティブ アメリカン」、「マサイ」といった民族にスポットを当てたコレクションも発売してきた。象徴するモチーフや色柄を、筆記具という限られた空間で表現するデザイン性にも脱帽するしかない。

次のページでは、定番的なモデルを詳しく紹介する。

南イタリアの魅力を閉じ込めたボールペン

「ドルチェビータ スリム バーメイル ボールペン」3万9900円

「ドルチェビータ スリム ボールペン」3万9900円

イタリアはもちろん、世界中から愛されているデルタの代表的なコレクションが「ドルチェビータ」。南イタリアの太陽をいっぱいに浴びたオレンジをイメージした特注レジンのブロックがあまりにも鮮やかだ。またシルバーの上にゴールドをプレートする古の技術、バーメイルも採用。ヨーロッパでは度々使われる仕様だが、その完成度は流石のひと言だ。

さらに、“テーラーメイド イン イタリー”をコンセプトに掲げ、一本一本丁寧に削り出してハンドメイドで製作した作りも圧巻。その温もりを理解したら最後、ついつい手に取りたくなる。そして独自のローリングウィール(車輪)クリップを採用するなど、使い勝手も良好だ。

そんな「ドルチェビータ コレクション」に最近加わったのが、スリムなタイプ。13mmという太さで、男女ともに使えるサイズとなっている。定番にしてスマートで存在感のあるボールペンは、どこにでもあるものではない。

【関連リンク】
デルタ

【関連記事】
パーカーの歴史とボールペン
ウォーターマンの歴史とボールペン
カランダッシュの歴史とボールペン
ゼブラの歴史とボールペン
クロスの歴史とボールペン
フィッシャーの歴史とボールペン
ペリカンの歴史とボールペン
ロットリングの歴史とボールペン
エス・テー・デュポンの歴史とボールペン
セーラーの歴史とボールペン

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。