エレガンスを具現化するメーカー

創始社のシモン・ティソ・デュポン

創始社のシモン・ティソ・デュポン

僅か25歳の青年が高級レザーグッズの工房を開いたのは1872年のこと。スケッチを基に折り畳み式の札入れやデスクパッドを制作していたところ、その出来栄えの良さから瞬く間に愛好者が広がっていった。20世紀初頭には、高級レザーを使用した旅行バッグのメーカーとして一世を風靡し、世界中を飛び回る富裕層を中心にさらなる支持を集めた。

シャムの女王はブラック・クロコダイル・レザーで作ったトラベルケースを愛用。さらに、お洒落通で知られるウィンザー公爵とその夫人、エジプトのファルーク王と王妃、イラン皇后、デンマーク王妃、そしてロスチャイルド家やパティアラのマハラジャなどもオーダー品を注文したという記録が残っている。そうした特注品は、品質に加えて芸術性も問われるもの。そんな機会を重ねるうちにエス・テー・デュポンの技術も磨かれ、いっそうの発展を遂げることとなる。

1930年代には発祥地であるフランス・サヴォワの近郊、ファヴェルジュに工房を構え、金銀細工師、クリスタル職人、金メッキ師、革職人、漆職人を一箇所に集めて作業を行うようになった。その結果、純正漆をを金属に塗るという独自の手法が誕生。その詳細は現在でも門外不出となっている。そうした技術革新を怠らない土壌があってこそ、1940年代に発売したライターや、1970年代に発表した筆記具などのヒットアイテムも生まれたと言えそうだ。

次のページでは、代表的なボールペンを2種紹介する。

特別な品を追求した歴史の結晶

エス・テー・デュポン

スポーティな「デフィ・グリル」。左から、ローラーボールペン4万6200円、ボールペン3万6750円、万年筆5万7750円

美しさや洗練されたデザインに加え、真に特別な逸品を作り続けてきたエス・テー・デュポン。そのラインナップは多岐に亘るが、ボールペンに限ってもそれは一緒だ。

1973年にラグジュアリーなボールペンを初めて世に提案して革命を起こすと、1996年には書き味、持ち味、フォルムのすべてにこだわった美しいラインのコレクション「オランビオ」を発表。スポーツカーのフロントグリルから着想を得たデザインで、これまでにないほどダイナミックな「デフィ・グリル」だ。そもそも「デフィ」は、2009 年に発売され、その滑らかな書き味で人気を博し、2009年と2010年に連続して“Pen of the Year”に輝いた珠玉のコレクション。芸術品とも言える作品は、エス・テー・デュポンの評価をさらに加速するに違いない。

さらに2011年9月に発売予定の「エリゼ」には、エス・テー・デュポンのペン作りにおけるノウハウをすべて集結させた。真鍮をくり抜いて作るペンは、150もの工程と、200 回以上の品質検査を経て職人によって仕上げられます。重量感まで計算され尽くしたボディには“デュポン・ラッカー”を使用。究極の書き心地とともに、持つ人に贅沢の極みを与える。

【関連リンク】
エス・テー・デュポン

【関連記事】
パーカーの歴史とボールペン
ウォーターマンの歴史とボールペン
カランダッシュの歴史とボールペン
ゼブラの歴史とボールペン
クロスの歴史とボールペン
フィッシャーの歴史とボールペン
デルタの歴史とボールペン
ペリカンの歴史とボールペン
ロットリングの歴史とボールペン
セーラーの歴史とボールペン

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。