起業・独立時には、特に事業の立ち上げ時にはノウハウもマンパワーも足りない状況に陥るケースがほとんどです。会社員時代には、今まで意識しなくても組織の中で誰かがやってくれていたことも、起業・独立後は全てを把握し自分の責任において推し進める必要があります。

初めて関わることであれば、誰だってノウハウ不足な分野があるもの。しなくてもよい失敗を犯したり、甘い予測のもとに行動したり、ムダなコストを払ったりしてしまうのです。こういうことを回避する意味でもビジネスパートナーを見つけることは重要です。今回はビジネスパートナーの選び方について解説していきます。

ビジネスパートナーの必要性

良いビジネスパートナーを選ぶことが成功への近道

良いビジネスパートナーを選ぶことが成功への近道

ガイドが起業コンサルタント(R)として、今までたくさんの起業家に関わる中で、成功する人に共通するある法則を見いだしました。それは、自分のできる(得意な)こと、できない(不得意な)ことをよく見極めて自覚すること。そして、自分ができない(不得意な)ことについては、ビジネスパートナーを見つけてその人に頼るということです。

ビジネスを展開していくには、様々な分野の知識、経験、技術が必要です。仕入ルート、販売ルート、資金調達、税務、会計、人事労務、法務、アイデア、マーケティング、広告、デザイン、集客、技術、人材募集など。全てを習得し、全てを自分で動くのは能力的にもマンパワー的にもムリなこと。それよりも、自分は自分ができる(得意な)ことに集中し、自分ができない(不得意な)ことは、それが得意な誰かにお任せする方が合理的で、ビジネスを加速させることが可能になります。

ビジネスパートナーの見つけ方

ガイドは日々、起業の相談を受ける中で、どうやってビジネスパートナーを見つければよいかという質問を受けることがあります。 会社員としての生活から起業・独立して、急に各分野のビジネスパートナーを見つけるのは大変難しいものです。基本的にビジネスパートナーを見つける方法としては以下の方法があります。

1.旧知の知り合いに依頼する
一番確実なのは、自分の旧知の知り合いにお願いするという方法。技量もわかっていて気心も知れていますので、はじめから安心できることがメリットです。ただし、会社員時代から日頃、様々なところに顔を出し、人脈を広げておく必要があるでしょう。

2.信頼できる誰かに紹介してもらう
次は、信頼できる誰かに知り合いを紹介してもらう方法です。紹介者の立場もあるため、人間的にも信用できる人を紹介してもらうことが期待できます。ガイドも相談者にビジネスパートナーにふさわしい人を紹介することがあります。

3.webサイトなどで見つける
All AboutプロファイルDREAM GATEアリババジャパンアリババワールドパスポートなど各種webサイトで、各専門分野の専門家やコンサルタント、仕入先、販売先などを検索。その中で自分にふさわしいと思われるビジネスパートナーを探す方法です。専門家やコンサルタントについては、無料相談やセミナーを開催している場合もあるので、まずはコンタクトをとって会ってみることをオススメします。また、最近ではFacebookなどのソーシャルメディアを通じて知り合い、ビジネスパートナーになるケースも増えています。ソーシャルメディアについても日頃から積極的に活用したいですね。