カラフルで華やかなプラナカン文化のお菓子

ニョニャ・クエ

ニョニャ・クエ。手前の丸っこいのがオンデ・オンデ。奥のレインボカラーはラピス・サグ

プラナカンの家

プラナカンの住居。ピンドゥ・パガーと呼ばれる量開きのドアが特徴

素朴なスイーツの多いアジアのなかでも、個性派といえば、シンガポールなどで味わえるニョニャ・クエ。プラナカンのお菓子です。

プラナカンとは、17世紀にマレー諸島に移り住んだ中国系の人々のこと。カラフルな和洋折衷建築に住み、衣服はビーズや刺繍で彩るなど、ユニークで鮮やかな文化を育んできました。そんな彼らの独特の文化はお菓子にも表れています。

ちなみに、ニョニャとはプラナカンの女性のことを指し、クエとはお菓子の意味。そのため、プラナカン料理はニョニャ料理ともいわれ、いずれもシンガポールやマレーシアで味わえます。

ニョニャ・クエは、ココナッツミルク、タピオカ、スイートポテト、パームシュガー、パンダンリーフなどを使い、カラフルで種類も豊富。虹のように色を重ねたラピス・サグはういろうのような食感で、黒蜜を包んだオンデ・オンデもポピュラーです。屋台の集まるホーカーセンターなどで売られており、Rainbow Lapis(レインボー・ラピス)などの専門店があります。

 

本場で食べたい世界のスイーツ ベスト10」、続いて第8位です。

第8位はこちら>>>アルゼンチンで大人気、ママの味のクッキー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。