エンジンの直噴化やアイドリングストップ機構(ティプトロニックSモデルに装備)、エネルギー回生システム、車体の軽量化(V6モデルで旧型比約165kg、Sで約180kg、ターボで約185kg)などにより、燃費とCO2排出量が最大20%向上している

ほかのギャラリーを見る