総量規制で、お金を借りるのが難しくなった!

貸金業法の改正により、キャッシングのルールが変わりました。従来、29.2%という高金利が認められていたものが、20%以下まで劇的に下がったことで、多重債務に陥る人が少なくなっていくとともに、利用しやすくなったと言えるでしょう。

その一方で、総量規制も実施され、借入額が年収の3分の1までと厳しく規制されるようになりました。これにより、キャッシングを利用していた人たちが、年収制限によってこれまでのように借りることができなくなり困っている状況です。さらに、借入額が50万円を超える人は、必ず年収証明書を提出しなければならないなど、キャッシングの手続きが煩雑になったことで、クレジットカードにキャッシング機能をつけるのをやめる人も急増しています。
 

“ちょい借り”で生活資金に充てたいという声は根強い!

あるカード会社では、クレジットカードにキャッシング機能を付加する割合が、新規加入者全体の10%までに落ち込んでいる状況です。だからといって、キャッシング機能を付加しないと、いざというときに現金を手にすることができません。100万円、200万円といった大金でなくても、5万円や10万円といった小口資金を、必要なときに手軽に借りて返済するといった“ちょい借り”は、いつの時代でもなくてはならない必要な仕組みといえます。


キャッシングの新潮流は、“ちょい借り”感覚か?

こういった声に応えるかのように、メガバンクや流通系列のカード会社が小口専用のキャッシングサービスを開始しました。三井住友カードの「ミニキャッシング」やクレディセゾン系のセゾンファンデックスの「VIPローンカード~20代30代限定コース~」がそれです。
たとえば、三井住友カード「ミニキャッシング」の場合、利用枠は30万円までで、毎月の返済額は1万円~5万円までの間で自由に設定することができます。融資利率は、利用枠にかかわらず13.8%。臨時の増額返済などもできるので、自由度の高い商品となっています。キャッシングを利用する際の足かせとなった年収証明書の提出も、利用枠が30万円までなので、三井住友カードや他社から一定の借入をしている人を除いて不要です。