飲みやすく、料理の味を損なわない

水割セット

70年代、和食の店で見られた水割セット

前回、日本で1960年代半ば頃からウイスキーの水割という飲み方が普及したのには、水道水が安全で、家庭で手軽にウイスキー&ウォーターがつくれたからと述べた。飲用にミネラルウォーターを買わなければならなかったヨーロッパの国々の人たちとは大きな違いがあった。
家庭での水割の普及は、ひとつの変革をもたらした。それまで自宅ではとりあえずのビールと清酒を晩酌にしていたお父さんたちが、自分好みの濃さに調整しながらウイスキーの水割を飲み、料理をつまむようになったのだ。はじめてウイスキーが料理と結びついた。
1970年代に入り、ボトルキープというシステムが居酒屋、割烹、寿司店といった和風の飲食店にも入り込み、水割が大ブームとなり、日本でのウイスキー全盛期をつくりだす。
飲みやすさに料理が結びつき、日本のウイスキー市場は拡大した。スナックをはじめとした料飲店のカウンターやテーブルには、ウイスキーのボトルにアイスペール、そしてサントリーミネラルウオーター(1970年発売)の小さなボトルが何本か置かれるのが定番となる。
料飲店にウイスキー&ソーダが入り込んだ、いまのハイボールのブームと酷似している。飲みやすく、料理の味を損なわない。これがポイントといえる。

ウイスキー・ファンの中には、水割なんて、ソーダ割なんて、とぶつくさ言う人がいる。すべてのウイスキーがストレートで味わうにふさわしいなんて言えないのに、どうしてなんだろう。ウイスキー業界が活性化するためには、多くの人が飲んでくれなければどうしようもない。
このわたしだってストレートで飲むほうが多い。ただし大衆的なブレンデッドはオン・ザ・ロックにしたり、ソーダで割ったりして飲む。シングルモルトは銘柄によって、また10年ものなんかをソーダで割る。正直にいえば、水割はほとんど口にしない。
でも、どんな飲み方だろうがウイスキーがたくさん消費されれば嬉しい。そうすれば閉鎖される蒸溜所なんて出てこないんだから。ほんとうのウイスキー・ファンであるならば、大きな心を持っていただきたい。
 

ウイスキー・ファンは立派だ

話を戻そう。公害問題が叫ばれはじめ、さまざまな環境汚染が取りざたされるようになった1970年代は、大都市の水道水がカルキ臭とともにひどく渋く苦いような味になる。東京の荒川水系、大阪の淀川水系のものは飲めたものではなかった。当時、淀川沿いの地で素晴らしい水道水が飲めたのは京都西山水系の山崎蒸溜所近隣の人たちだけではなかろうか。自然風土において、あそこは驚異の地である。
まあ、とにかく東京、大阪といった大都市の酒場ではミネラルウォーターの需要が高まる。
これまで水道水とは別に、お金を払って水を買う感覚なんぞなかった日本人がウイスキーの水割のためにお金を遣ったのである。わたしは日本にミネラルウォーターを大々的に普及させるきっかけをつくったのは、ウイスキー愛飲家たちだと思っている。たしかにミネラルウォーター・ブームは1980年代半ば以降ではある。だがわたしはどんなにクレームがこようが、ミネラルウォーターをいち早く意識し、取り入れたのはウイスキー飲みだと言い張りたい。

ほんとうはヨーロッパのスティル・ウオーター(無発泡)とスパークリング・ウォーター(発泡)に言及しようと思っていたのだが、違う方向に行ってしまった。
水割その3を書かなくてはいけなくなった。次回へつづく。
 

関連記事

ウイスキー用語8/水割その3[入門篇]
ウイスキー用語6/水割その1[入門編]
ウイスキー用語5/ロック[入門編]
ウイスキー用語4/ストレート[入門編]
ウイスキー用語3/ショット[入門篇]
ウイスキーの飲み方[入門篇]
ウイスキー用語2/ラベルを解読[入門篇]
ウイスキー用語1/ラベルを解読[入門篇]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。