美しいビーチに囲まれた池間島 観光ポイントをご紹介

池間大橋を走る

真っすぐに伸びる池間大橋を渡って行く池間島へのドライブは宮古島旅行のマストポイント

宮古島の北西1.5kmに浮かぶ周囲10kmほどの小さな島、池間島(いけまじま)。島といっても船に乗ることなく、宮古島から池間大橋を渡って車で行くことができるので、宮古島を訪れる観光客にとって旅のハイライトとなるポイントと言えるでしょう。島の中央には池間湿原と呼ばれる湿地帯が広がっていることから池間島では独自の生態系を観察することができます。

また文化・風習面などでもかなり独特なので、しばしば民族学的に注目される島です。真っ白な砂に囲まれた池間島には美しいビーチがたくさんあり、季節によっては夜闇の中で宙に舞う蛍の姿や、せわしなく道路を横断するたくさんのオカガニの姿を見ることができる自然の美しさに溢れた島。今回はそんな池間島のことをお話しましょう。
 

まるで天国へのドライブ! 池間大橋から見える海の美しさ

池間大橋

天国へのドライブのはじまり、池間大橋

宮古島と池間島を結ぶ池間大橋は全長1425m。池間島の北5km~22kmに八重干瀬(やびじ)と呼ばれる巨大な珊礁があるため、晴れた日の海の色の美しさは大変素晴らしいもの。真っすぐに続く橋の両側には、コバルトブルー~マリンブルー~エメラルドグリーンへと強烈なブルーのグラデーションに光り輝く海面が続きます。
ikema

思わず息を飲む美しさの池間大橋。この光輝くブルーの美しさを見よ!

その光景の美しさはとても言葉で伝えることができないのですが、一度目にしたらまぶたの裏に鮮明に焼き付けられるはず。まばゆい海を渡る池間大橋のドライブは、まさに天国へ上っていくようなそんな感覚。橋の途中には展望台があるので、心ゆくまで天国の海の美しさを堪能できますよ!
 
地図:Yahoo!地図情報
 

島のシンボル・池間灯台

ikema

島をぐるりとするとすぐに見つけられる池間島灯台

池間島の灯台。島の北側に位置しています。なんてことはない灯台ですが、道路のすぐ脇にあるのでよく目につきます。池間島一周ドライブのシンボル的存在。
地図:Yahoo!地図情報
 

アラシッスヒダビーチ

アラシッスヒダ

どことなくハワイのビーチを思い出させるアラシッスヒダビーチ

島の西側、アイランドテラス・ニーラとハレ・イキマの間の細い道を降りていくと広がるプライベートビーチ的なビーチです。人の姿もほとんどないので、ゆっくりとのんびり過ごしたいという時にオススメ。
地図:Yahoo!地図情報
 

イキヅービーチ

イキヅービーチ

宮古の海らしいブルーと真っ白な砂がまぶしいイキヅービーチ

島の北西部にあるビーチ。池間島を一周する道路からは基本的に海がほとんど見えないのですが、このビーチは西側から時計回りに廻っていった時に一瞬全体を見渡すことができます。マリンハウスも建っているので、とてもわかりやすいビーチと言えます。
地図:Yahoo!地図情報
 

カギンミヒダビーチ(池間ロープ)

ロープ

ビーチ右手の方には熱帯魚の姿も多く、シュノーケリングも楽しめます。

島の北側に位置する、ロープをつたって降りていかないと辿り着けないビーチ。人影も少なく、のんびりと海遊びを楽しむことができます。入り口を見つけるポイントは、西から時計回りに廻っていくと道路の右側に車が数台駐車できるようなスペースがある所。夏場は車が停まっていることが多いので、注意して見ていれば気がつくと思います。
地図:Yahoo!地図情報
 

フナクスビーチ(池間ブロック)

ikema

フナクスビーチはシュノーケリング客に人気


島の北側、時計廻りで行くとカギンミヒダビーチの先に位置するビーチ。最近では池間島で一番メジャーなビーチとも言えるかもしれません。道路の海側の方にブロックが置いてあり、これが目印になっていることから通称ブロックビーチと呼ばれています。たいてい道路沿いに車が停まっているので見過ごすことはないはず。沖に行かなくてもカラフルな熱帯魚や珊瑚が見えるので、池間島のシュノーケリングポイントとして有名です。ただし、干潮時はシュノーケリングも厳しいでしょう。
地図:Yahoo!地図情報

次ページで、池間島のグルメ情報をご紹介。