お雑煮の作り方…1歳から食べられる白玉雑煮

カテゴリー:おせちお雑煮

 

1歳から食べられるお雑煮「白玉雑煮」の作り方

お正月に食べるものといえば、おせちとお雑煮ですよね。これらのものはいつ頃からの風習なのかご存知でしょうか。お雑煮は、室町時代にはあったようで、縁起の良いとされたお餅と野菜などを煮込んだ汁物は正月のみならず祝い事などに食べられていたようです。しかし、このお雑煮が庶民の間に広まったのは、江戸時代以降。それぞれの地域で採れる物と、お餅を雑多に煮込んだものなので「お雑煮」と呼ばれ、お正月料理として定着したのです。

代表的な具材は、お餅、鶏肉、青菜(小松菜、三ツ葉、 ほうれん草)、蒲鉾やにんじんなどですが、各地で味や具材がかわります。

関東風……すまし汁に焼いた角餅を入れる
関西風……白みその汁に丸餅を入れて煮る

が代表的ですが、お餅の中にあんこが入っている地域もあります。具材も、山菜やきのこ、芋などを入れたりする地域もあるようです。お正月、親戚やお仲間が集まる機会があったら、「お雑煮の思い出」について話してみるのも、地域性がわかって面白そうですね。

 

白玉雑煮の材料(1歳~3歳児目安で2人分

白玉雑煮
白玉粉 大さじ2
白菜 中1/2葉
にんじん 輪切り2cm分程度
大根 輪切り1cm分程度
だし 和風だし汁 1.5カップ
醤油 小さじ1/2
和風だしは大人といっしょにとってもOK。

白玉雑煮の作り方・手順

白玉雑煮の作り方

1:

白玉粉は大さじ2杯の水(分量外)を加えて練って耳たぶくらいの固さにします。

2:

鍋にお湯を沸かし、練った白玉を4等分くらいにわけて丸め、手の平で少しつぶしてから茹でます。(球形ではなくすこしつぶした方がお餅のようにみえます)

3:

にんじんと大根は、薄いいちょう切り、白菜は2~3cm長さにしてから1cm幅くらいに切ります(例は2~3歳児用。1歳児はもう少し小さく)

4:

2の白玉が茹で上がり浮いてきたら、冷水にとっておきます。

5:

別鍋に和風だしを入れ、3で切った大根、にんじん、白菜を入れ、蓋をしてクタクタになるまで煮込みます。(途中で水が減ったら適宜足す)

6:

野菜が煮えたらし醤油を加えて味を調え、白玉を加えて出来上がり!

ガイドのワンポイントアドバイス

お餅ではありませんが、ツルっと飲み込んでしまうと危険なので、食べる時には保護者の方が必ず見守ってくださいね。白玉は溶けにくいので、作ってから時間が経ってもOKです。赤ちゃんの発育の状況にあわせて野菜やお餅の大きさを変えてください。※離乳食・幼児食は、誤った方法による実践に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。月齢や年齢に応じた食材を使用し、衛生面や食物アレルギーを十分に考慮したうえで、正しい方法で行ってください。気になる症状がある場合は自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。