オープンキッチンが家族イベントの魅力に

「キッチンは奥様の城」―キッチンのプランニングは奥様の意見なしには進まない、というご主人がまだまだ多いかもしれませんね。しかし昨今、厨房に入るご主人のお料理の腕前は玄人はだし、お子様にも安心な調理器具を使ってみんなでワイワイ楽しくクッキング、というご家族の声が、よく聞かれるようになりました。
あるいは年配の方からの「リタイア後は友人を招いて、料理を囲みながら尽きない会話を楽しみたい」といったご希望も素敵です。

オープンキッチンとは、ダイニングやリビングと仕切らずに空間的につながっているスタイルで、アイランドキッチンやカウンターキッチンなどが一般的です。家族やお客様と顔を合わせながら作業ができるように設置することで、キッチンに立つ人も食卓や団らんの会話に入ることができます。ダイニングやリビングに続くウッドデッキなどをつくれば、さらに開放的な空間が広がり、ホームパーティーにもぴったりですね。調理台やシンクの手元が気になる場合は、カウンターに低い立ち上がりをつけたものを選ぶとよいでしょう。

オープンキッチン

オープンキッチンは開放的なプランニングに最適


逆にクローズドキッチンは、内装の雰囲気を変えることができ、冷蔵庫などに覚えのものを貼っておいたり片付けを後回しにしても気が楽、などのメリットがあります。

「オープンキッチンとクローズドキッチン、両方のいいとこ取りをしたい」という方には、少し透ける素材のパーテーションがお勧めです。写真のキッチンは、パーテーションでキッチンスペースをさりげなく隠すことができるので、来客時などにとても便利です。

クローズドキッチン

クローズドキッチンのメリットはプライベート性が高く、インテリアも独立できること



使いやすいキッチンには動線の工夫

キッチン脇の土間スペース

土間のスペースで下ごしらえを

キッチンをもっと便利に、と考えたとき、やはり重要なのは家事やストックスペースとの動線。基本となるのは、ダイニングだけでなくユーティリティーともつながる2方向動線です。パントリーを備えたユーティリティーには、買い置きの品々をストックするだけでなく、資源ゴミや分別ゴミのスペースを。近くに勝手口をつければ、ゴミ出しが便利であるだけでなく、来客時には裏動線としても重宝します。

勝手口を設置しにくい場合は、たとえば玄関に正面動線と脇の動線をとり、ストックヤードを通ってキッチンまでの距離がなるべく直線に、短くなるようプランニングします。たくさんの買い物も、ストック場所に下ろしながら、キッチンにも直行できます。

ちなみにユーティリティーの一部をタイルや土間のスペースにし、傍らに泥つき野菜を洗ったり、魚の下ごしらえにも使えるシンクを置くのもひと工夫。アウトドアグッズ、ペット関連の小物も土間スペースに収納してしまいましょう。

思いのほか使い勝手がよいのが、掃除機や救急箱、料理本などの収納をキッチンにつくっておくこと。床にものがこぼれたり、調理の最中にレシピを確認したくなったりと、動きが多いキッチンでは、すぐ取り出せすぐにしまえると片付けも楽ですね。

また、学校から送られてくるプリント類やPTA関係のメールなどの処理に割く時間もあなどれません。食事の下ごしらえをしながら、煮物をつくりながら、すきま時間にパソコンチェック。小さくてもそんなスペースがキッチンカウンターなどのそばにあると、作業の能率アップにつながります。

居心地がいいと気分も上々

オープンにせよクローズドにせよ、比較的長時間を過ごすキッチンです。居心地のよいスペースにしたいものです。

まずはぜひ、窓を設けてください。外の景色が目に入るだけで、少し風が入るだけで、ほっと気分が和らぎます。そして疲れたらひと休みできる椅子も置いてみましょう。

使いやすく居心地のよいキッチンは、ゲストに自慢したくなってしまいます。

【関連記事】
間取りから考える収納プラン

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。