街角で見つけたデニムを大人に着こなす技

akanekai

デニム以外のアイテムをモノトーンでまとめて、きれいめシックなコーディネイト。ZARAのストレッチデニムもH&Mのジャケットを合わせて。ブーツはHAN AHN SOONのものだそう。(甲斐 茜さん)

冬服に飽きてきた今の季節こそ、デニムの出番。ここ何年かレギンスがヒットしていたこともあり、街で見かけるデニム率が減ってきていましたが、この冬は久々に復活!大人っぽくクールにデニムを着こなす人たちが増えてきました。

デニムのシルエットはスキニーがダントツ人気。ブーツインして下半身はタイトにまとめて、トップスにニットやストールでボリュームをもたせるという着こなしバランスが、今年らしく見せるコツです。

それでは、さらにデニムスタイルをおしゃれに見せる技を、街でスナップ撮影した実例つきでご紹介いたします。

【CONTENTS】
Page1:グレーをじょうずに取り入れると洗練度がアップ
Page2:ストールで顔回りを明るく、縦ラインを強調
Page3:帽子を使ってエレガントに着こなす上級テク




グレーをじょうずに取り入れると洗練度がアップ

masaeyamashita

moussyのデニムにClearのゆるニットを合わせた、やさしさのある洗練スタイル。まとめ髪にして、オフタータルをすっきり着こなしている点もぜひお手本にしたいポイントです。(山下雅恵さん)

今回、デニムスナップを行ってまず気がついたのは、「おしゃれに見える人たちが、共通してグレーを取り入れていたこと」。去年までデニムのかっこいい着こなしといえば、黒を合わせるのがお決まりでしたが、今年はグレーのニットがブーム。

そして、このグレーを取り入れると、上品であたたかみのある、洗練された表情が生まれるのです。黒ほどクールすぎず、シックだけどやさしさもある色。

このグレーを、ざっくりニットで取り入れたり、黒アウターのインナーに取り入れたり、ストールで取り入れたり、おしゃれリーダーたちは自分らしいコーディネイト方法で採用していました。

mihoogata

フリンジや素材感で変化をつけたモノトーンミックスでこなれた着こなしに。デニムはZARA、ニットカーディガンはFLAXUS、ストールはPLSTのものだそう。(緒方美保さん)


次のページでは、「ストールで顔回りを明るく、縦ラインを強調する」着こなしをご紹介します。



ストールで顔回りを明るく、縦ラインを強調
 

yukiimayou

グレーのニットはBEAMS、デニムは無印のものだそう。モノトーンのコーディネイトにピンクをプラスして個性をアピール。(今用由紀さん)

 

グレーを取り入れて全身モノトーン系にまとめるシックな着こなしとともに、今回新鮮に映ったのは、デニム+グレーにさらにストールできれいな色を取り入れるコーディネイト。

発色のいいピンクのストールを襟元にひと巻きしたり、チェックのストールを肩にかけたり、グレーに色を加えることにより、顔まわりが明るくなり、大人の可愛らしさが際立ちます。

そしてどちらかというと膨張色であるグレーに、長めのストールを加えることで縦ラインができ、スタイルアップ効果も狙えます。

chiakiakahoshi

デニムはmoussyで、足首にきれいに見える丈にこだわっているのだそう。チェックの大判ストールでさりげなくアイラインを作って。(赤星千秋さん)

次のページでは、「帽子を使ってエレガントに着こなす上級テク」をご紹介します。



帽子を使ってエレガントに着こなす上級テク


ruitomidokoro

きれいめのウォッシュ感が大人っぽいデニムはUNIQLO。パンプキンカラーのBORONYのフェルト帽とファーティペットが絶妙の相性。(富所 類さん)


今やおしゃれ大人女子の間では、帽子は欠かせないファッションアイテム。ベレー帽、キャップタイム、フェルト帽など、デニムスナップでも、帽子をかっこよく取り入れている人がたくさんいました。

とくに素敵に見えたのが、中折れのソフト帽をかぶっていた人たち。ダンディなアイテムであるソフト帽を取り入れながら、メイクをきちんとして、さらに襟元にファーやアクセサリーを加えて、全体を女らしくリッチな雰囲気でまとめる、こんな計算されたコーディネイトをしている人もいました。

そう、マニッシュというよりも、エレガント、いう雰囲気。大人の帽子のおしゃれは、いかにエレガントに取り入れるかがカギのようです。

chisayamiura

ややつば広のフェルト帽で優雅に。全身をシック&スリムにまとめたコーデにフェルト帽を合わせることで、フェミニン度がアップ。デニムはLEVIS。(三浦智早さん)


デニムを大人っぽく洗練された顔で着こなすには、お洋服のコーディネイト力と同じくらいくらい、ヘア&メイクのテクニックも必要。

今回スナップでご紹介したデニム美人たちは、ヘアアレンジの達人でもありました。ダウンスタイルの人はランダムなカールがつくようにこてで巻いていました。まとめ髪の人たちは前髪の流し方、トップのボリュームのもたせ方がそれぞれ個性的。全身鏡で写して、トータルバランスを工夫しているようでした。

そして、デニムスタイルに鮮度を加えるために、そろそろ春小物を加えてみませんか?デイリーに使える春小物が知りたい人はぜひ雑誌「Como」をチェックしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。