P-MODELに参加したきっかけ
 

ガイド:
中野テルヲさん、はじめまして。All Aboutテクノポップではいままで中野さんが在籍されたP-MODELのメンバーだった方々、三浦俊一さんのレーベル、ビートサーファーズに所属されている方々にインタヴューさせて頂く機会があったのですが、今回やっと(笑)、中野さんにインタヴューする運びとなり光栄です。せっかくなので、古い話からお聞かせください。

中野:
はい、やっとお会いできました(笑)。

ガイド:
P-MODELに参加されたのは1986年、アルバムでいうと『ONE PATTERN』からですが、どのようなきっかけで?

中野:
デモテープを平沢進さんにお渡しし聴いていただいたのがはじまりです(たしか1984年だったと思います)。それがきっかけで当時の事務所に出入りするようになり、楽器周りや機材車の運転をするスタッフとして関わっていました。いわゆるローディーというやつですね。『カルカドル』ツアー後のメンバーチェンジで自分に声がかかりました。その時には平沢さんからこんなことも言われたと記憶しています…「で、キーボードとベースに空きがあるんだけど、どっちがいい?」。パートはあまり問題ではなかったという、、、P-MODELはそんなバンドです(笑)。

ガイド:
参加された時はベーシストとしてですが、その後はどちらかというとシンセやスカイセンサーなどの実験的な楽器の人という印象が強いのですが。

中野:
teruonakano

中野テルヲさん

P-MODELでは曲によってシンセベースも弾いていましたからその印象もあるのではないでしょうか。普通ならシーケンサーを使うような16分音符の細かいフレーズでも、ライブでは生ドラムに合わせるために手弾きをしていましたね。

短波ラジオを演奏に取り入れるようになったのはLONG VACATIONの頃からだったと思います。その当時はスカイセンサー以外にも八重洲無線のFRG-7という通信型受信機なども使っていました。

量産したLONG VACATION
 

ガイド:
P-MODEL凍結後、三浦さんとSonic Skyを経て、1991年にKERAさん、みのすけさんとLONG VACATIONとして活動を開始されましたが、ここからですよね、今の中野テルヲというカタカナ表記になったのは? 何か意味はあったのでしょうか?

中野:
LONG VACATIONを始めるにあたりそれまでとは違う新しい気持ちになっていたと思います。「テ」と「ル」と「ヲ」のならびが視覚的、視認的にも良いとしそうしました。

ガイド:
LONG VACATIONのディスコグラフィーを見直していて、驚いたのですが、90年代活動休止をするまでかなりの数のリリースをされていますよね。

中野:
ビデオ作品やナイロン100℃のサウンドトラックを含めると30タイトル近くになりますか。あまりにもリリース数が多く全く印象に残っていないものもあるくらい仕事は忙しかったのですが、そのおかげで録音やマスタリングの現場などで多くの経験を積むことができたと思っています。

ガイド:
ちなみに僕はThe Bugglesの「ラジオスターの悲劇」が大好きで、そのカヴァーも集めているので、もちろん、LONG VACATIONのカヴァーもよく聞かせていただきました。

中野:
カヴァー曲というのはLONG VACATIONを立ち上げる時のコンセプトでもあっただけに、さすがに数多くやりましたね。「ラジオスターの悲劇」のカヴァー「憧れのミュージカル・スタア」はいろいろな人のボーカルが飛び出てくる楽しい構成でした。

AJAさん
 

ガイド:
90年代、他のアーティスト作品への参加もされていますね。僕も所有していますが、AJAさんや梶谷美由紀さんとか。AJAさんのアルバム『クスコー氏の宇宙船』はお気に入りです。

中野:
90年代中~後半は作曲や編曲でいろいろなアーティストの方とご一緒しました。AJAさんのアルバムは強く印象に残っています。かなり好き勝手にやらせてもらい実験的なアレンジになりましたが喜んでいただけたようで。

活動再開!

ガイド:
signalnoise

Signal / Noise

では、本題となる4月27日に発表される『Signal / Noise』についてお聞かせください。90年代のLONG VACATION以降、ゼロ年代において中野さんはしばらく表立った活動はされていませんでしたが、このタイミングで久々のリリースとなった理由は?

中野:
活動再開のきっかけは2009年のイベント「DRIVE TO 2010」、ソロとしては約8年振りのステージでした。自分の活動を長い間待っていてくれた人がいたこと、新たに注目してくれる人がいたことが嬉しかったです。その後のライブ展開やCD-Rタイトルの発表、そして電子音楽部(※1)への参加といった流れで次第に状況も整い、アルバムとして表現したいことも固まってきたというところでの今回のリリースになりました。

(※1)ビートサーファーズのレーベル。所属する5人の電子音楽家による同名のコンピレーションアルバムも発表。

ガイド:
オープンニングの「エクステンデッド湾~リターン小道」のハンマービートを思わせる金属音には中野さんらしいドイツ的テクノの意匠を感じます。重厚で美しい「フレーム・バッファ I」も好きです。でも、どこかふんわりと暖かい。

中野:
ありがとうございます。音の質感や空間の重なり、音響的効果は特に意識したところであります。音の世界からそれぞれに感じ取ったものを、イメージで広げていってもらえたら嬉しいです。

スカイセンサーの仕組み

ガイド:
先ほどの話にもあったスカイセンサーですが、これはソニー製の短波ラジオですよね。これはどのような仕組みで使っているのですか? 今回スカイセンサーを多用した曲は?

中野:
スカイセンサー5900にはアマチュア無線などの信号を復調し聞きやすいものにするBFO(Beat Frequency Oscillator)という発振回路が搭載されています。この音が好きで使っています。BFOをオンすると、同時に自分の中でも何かのスイッチが入るような感覚があるんです(笑)。チューニング音をありのままにミックスすることもあれば、さらに外部から変調をかけてフレーズを作るといったようなこともしています。今回のアルバムでは「フレーム・バッファ I」や「Long Distance, Long Time」、「Pilot Run #4」などで目立つ使い方をしています。

超音波センサーからのシグナル音
 

ガイド:
タイトル通り、今回の作品にはシグナル音とノイズ音が散りばめられています。8曲目の「デッドエンド羅針」もシグナル音が多用されていますね。このシグナル音というのはどのようなプロセスで作られているのですか?

中野:
teruonakanolive1

中野テルヲ・ライヴ

サイン波という単一の周波数成分からなる信号音とノイズ音が、サウンドを構成する重要な要素になっています。BCL(※2)が原体験としてあるかもしれません。昔、趣味の短波放送受信をしていたラジオ少年時代、海外からの電波を受け取るのに、放送局からの信号と同時にノイズをも情報として知覚していたような。微弱な雑音だらけの受信にもずーっと耳を傾けていられたという(笑)、そういう感覚が今に影響しているように思います。

音のプロセスとなると少し専門的な話になります。サイン波は愛用のミキシングプロセッサーに内蔵された発振器(音響機器調整用の信号)で作っています。中低域を支える50Hzと100Hz、金属的な響きを与える5kHzと10kHz、それに加えてその曲のスケールに合わせた周波数の信号、それぞれをミキサーに立ち上げ個別にコントロールし発音させます。これを基本として、曲によってはノコギリ波や矩形波を使うこともあります。例えば「デッドエンド羅針」がそうですね。この曲ではさらにそれらの信号をデジタル化しビット深度を下げるといったこともしています。ノイズの要素としてはラジオノイズ、スクラッチノイズ、環境音、ピンクやホワイトといった色の(カラード)ノイズなどですね。スタジオ内のファンやモーター音などといった環境音の録音には自作のマイクやダミーヘッド(※3)を使いました。

センサーから出る超音波の見えないビームを手刀で切るというスタイルで演奏する超音波センサーUTS-6(※4)は、1995年から主にライブの現場で使用してきました。手刀に反応してセンサー回路から5ボルトの短い電気信号が出力されます。信号はMIDI情報に変換され、さらにアプリケーションによって様々なMIDIメッセージとなり音楽や映像をコントロールします。トリガーはトリガーなのですが簡単にはそう言い切れない、何か妙に有機的でグルーヴするような感覚があります。目に見えないせいもあるのでしょうが、誤動作も含めそこがまた良くもあるという、自分にピッタリのインターフェースであります。

(※2)海外からの短波による国際放送を聴取して楽しむ趣味。1970年代にBCLブームが起こった。
(※3)模擬人頭の鼓膜の部分にマイクロフォンを埋め込んで録音する装置。
(※4)高橋芳一氏制作によるオリジナルミュージックデバイス「Under Techno System」のシリーズ。

デンシコンツアー
 

ガイド:
今後のライヴなどの活動予定がございましたら、ぜひ教えてください。

中野:
teruonakanolive2

中野テルヲ・ライヴ

6月に「デンシコンツアー」と題したツーマンによるライブが東京・名古屋・大阪で行われます。皆様お待ちしています!

「デンシコンツアー」
出演:
●中野テルヲ
●三浦俊一+戸田宏武+内田雄一郎(+ドラマー未定)

2011年6月4日
東京(高円寺)KOENJI HIGH

2011年6月23日
愛知(池下)CLUB UPSET

2011年6月24日
大阪(北堀江)club vijon

【関連リンク】
Beat Surfers Inc.
中野テルヲWeb
YouTube - Teruo Nakano
中野テルヲ配信局 (PILOTRUN) on Twitter
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。