解説画像

求人サイトは、あなたのペースに合わせて自由に転職活動を進められるツール。ライフスタイルに合わせて上手に活用しましょう。

いざ「転職しよう!」と思っても、数ある求人案件の中から、自分の希望条件に合う求人案件を手探りで探すのは、効率的ではありません。「転職活動に時間的 余裕がある」「どのような求人案件があるのか、動向を把握したい」「マイペースに転職活動を進めたい」という方は、看護師の求人サイトを活用してみてはい かがでしょうか。


看護師の求人サイト利用手順

1.求人検索をする
利用したい求人サイトが決まったら、実際に求人検索を行いましょう。

主な検索項目は、勤務エリア(都道府県・市町村・沿線など)、業務形態(病院・クリニック・企業など)などが中心です。ただし、求人サイトによって検索条件には若干の違いがあります。たとえば、上記に挙げた項目のほかに、病床数別、勤務シフト別(2交代や3交代・日勤のみ・午前のみなど)、休日制度(完全週休2日制、希望曜日ごと)などの雇用条件別検索や、「24時間託児あり」「未経験可」などのこだわり検索、フリーワードによる検索ができる場合があります。

希望条件に合う求人案件が見つからない場合は、別の求人サイトを利用してみましょう。同じ希望条件で検索して、それでも見つからない場合は、希望条件を再検討してみましょう。折り合いをつけられる条件があれば、再度検索し直したり、人材紹介会社を利用したりするという選択もあります。

2.応募
求人先への応募は、個人が求人先へ直接問い合わせする方法と、求人サイト経由で応募する方法があります。ただし、応募方法が違うだけで、個人と求人先が直接やりとりする流れは変わりません。

求人先との連絡が取れたら、面接日の調整を行いましょう。ナースセンターやハローワーク経由で応募する際は、各団体が面接日の調整および紹介状の発行を行ってくれます。応募の際、各団体に確認しましょう。

3.面接~採用
面接の際には、求人先の雇用条件を改めて確認しましょう。とりわけ、求人サイトで得られる情報には限りがあります。採用が決まってから「こんなはずではなかった」と後悔しないよう、疑問な点があれば遠慮せずに確認しましょう。

採用が決まったら、双方の意見の食い違いを防ぐため、書面(契約書や雇用条件確認書など)を交わすのが理想的です。

看護師の求人サイト活用での注意点

解説画像

求人先との直接的なやりとりが求められることを忘れずに

求人サイトでは、仕事の合間や休日などの空いた時間を利用しながら、自分のペースで転職活動を進められるという魅力があります。また、第三者(人材紹介会 社のコンサルタント)による介入がなく、自分の意思や決断を尊重しやすいという点もあります。それゆえに気をつけなくてはならない点も。こ こでは、求人サイトの活用における注意点について解説します。

■1.転職活動の時間や手間を考慮しておくこと

求人サイトを利用した転職活動は、転職に関わるすべての手順を自分の手で進めなくてはなりません。そのため、「転職活動そのも のに振り回されてしまい、自分と向き合う時間がなかった」という結果を招く危険性も。求人サイトを利用した転職活動では、時間や手間がかかると いう点について事前に認識し、余裕を持って活動しましょう。

■2.複数の求人先への一括応募は慎重に
複数の求人先へ一度に応募する際には、応募した数だけ求人先との対応に追われるということをあらかじめ念頭に入れておきましょう。応募時期をずらしたり、対応できる応募数に絞ったりする など工夫しながら、求人先との対応に無理が生じない範囲で調整することが大切です。

■3.雇用条件は必ず書面で
労働基準法により、雇用者は下記の項目につき、書面で明示する義務があります。後々のトラブルに発展しないよう、雇用条件は必ず書面で受け取り、大切に保管しましょう。

  1. 労働契約の期間
  2. 就業の場所、従事すべき業務
  3. 始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間・休日・休暇、労働者を2組以上の分けて交替に就業させる場合における就業時転換に関する事項
  4. 賃金(退職金、賞与等を除く)の決定・計算・支払いの方法、賃金の締切・支払の時期に関する事項
  5. 退職に関する事項

■4.判断に迷ったら、必ず誰かに相談すること
求人サイトを利用した転職活動は、一見自由なイメージがありますが、情報収集や選択肢におけ る視野が狭くなったり、求人先の甘い言葉に誘惑されて冷静な判断ができなくなったりすることがあります。判断に迷ったらひとりで抱え込まず、家族・友人・ 同僚など身近な人に相談しましょう。各求人サイトで提供している相談窓口や、ナースセンターの看護就業相談、ハローワークの職業相談窓口 などを利用するという手もあります。


次のページでは、主な看護師求人サイトと特徴を紹介します。