東北のアンテナショップ利用で
ちょっとだけ被災地支援を

田舎のごっつお店頭

2010年8月に撮影した店頭。かつてのように三陸の産品が並ぶ日を楽しみにしています

東日本大震災で陸前高田という地名を聞いた途端、私が思い出したのは世田谷区用賀にある、地元商店街と同市の第三セクターがタッグを組んで始めた物産店「田舎のごっつお」でした。取材時に見かけた商店街の情報発信スペースに電話を掛け、現状をお伺いしてみると、関係者の無事は確認されたものの、地元の物産は入ってこない状態(2011年4月7日現在)。しかし、商店街では募金活動や他の産地からの商品で応援物産市を開催、支援していきたいとのこと。しばらくは現地の物産購入は難しいでしょうが、何かひとつでも買い物することがささやかながら、同店、ひいては被災地の支援につながると思います。お近くにお住いの方はちょっと足を伸ばして、覗いてみてください。

以下、首都圏に出店している東北エリアのアンテナショップをご紹介します。自分で行ったことのある、知っているところだけですので、もし、これ以外にこういうところがあるよとご存じの方はぜひ、ご一報ください。

青森県
個人的には瓶詰のリンゴジュース、スライスして乾燥させたリンゴチップス、そしてにんにくがお勧め。長芋もよく買います。
青森県特産品センター(最寄駅/東京メトロ有楽町線新富町、同日比谷線八丁堀)

あおもり北彩館東京店(最寄駅/JR、東京メトロ東西線その他飯田橋)

JA全農あおもり アグリショップ東京店(最寄駅/東急池上線戸越銀座)

山形県
2階には山形県鶴岡市のイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」のシェフ奥田政行さんがプロデュースするレストランも。ランチでも予約必須の人気店です。
おいしい山形プラザ(最寄駅/東京メトロ有楽町線銀座一丁目)

岩手県
広い店内には飲食スペースもあり、購入した品で一服することも。私は玉こんにゃくが好物でほぼ毎回のように買います。
いわて銀河プラザ(最寄駅/東京メトロ日比谷線その他東銀座)

宮城県
海産物やあられなど、被災地の産品の販売も再開されています。仙台名物、牛タンレストランも併設されています。
宮城ふるさとプラザ(コ・コ・みやぎ)(最寄駅/JR、東京メトロ丸の内線その他池袋)

福島県
父の実家が福島のため、個人的には深く思うところがあります。野菜や日本酒、工芸品などが揃っています。
ふくしま市場(最寄駅/東京メトロ東西線葛西)

福島県八重洲観光交流館(最寄駅/JR東京、東京メトロ銀座線京橋)

*「田舎のごっつお」最新情報についてはハロー用賀の杉本様にお伺いしました。ありがとうございました。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。