パッケージ

ちょいとアダルトなパッケージです。

男子の草食化が叫ばれて久しい。
世の中は結婚したがらない男子たちに溢れ、婚活市場では女性のほうが多いという話も聞く。
傍から聞いていれば羨ましいような情け無いようなそんな状況だが、実際身の回りでは望んで独身でいる男子たちが非常に多い。
曰く「既婚者の話を聞いてると結婚する気が起きない」
曰く「趣味に時間を割きたい」
曰く「出会いがない」
などなど。

そんな現代で、結婚という難問に真っ向から立ち向かった異色作が、この『キャサリン』である。
『キャサリン』がどのようなゲームかを説明する前に、象徴的な内容をいくつか紹介しておこう。

  • 主人公ヴィンセントは、毎晩悪夢に悩まされている
  • 彼女からの結婚アピールが心に痛い
  • 悪夢ではそんな彼女や赤ん坊に追いかけられる
  • 悪夢の端々で「つい浮気してしまった場合、誰の責任?」などの質問を受ける
  • ヴィンセントは酔った勢いで浮気をして、もれなく修羅場になる
  • 現実でたくさんの酒を飲むと、悪夢で素早く動ける

今回はこの一風変わったゲーム『キャサリン』を紹介しよう。

大人のプレイに耐える、大人のためのゲーム

このゲームをジャンル分けするならば「恋愛ホラーアドベンチャーパズルアクションゲーム」とでもなるだろうか。
大人の男に向けて作られた、硬派だか軟派だか良くわからないゲームだ。
良くわからないゲームではあるが、作家性が高く、実に面白い。

主人公ヴィンセントは、どことなく頼りないモジャ毛が特徴的な男。
彼女からの結婚アプローチも曖昧に受け流し、毎晩行きつけのバーで男友達と呑んだくれている。プレイヤーしていて「あ、俺こいつに比べればしっかりしてるわ」と安心するほどのダメ男ぶりを発揮してくれる。

問題はヴィンセントの見る夢にある。
ヴィンセントはある日を境に毎晩足場の崩れる夢を見る。その度にはるか頭上にある出口を目指して逃げ続けるのである。

この逃げる部分がパズルゲーム仕立てになっていて、プレイヤーは自分の身長ほどのブロックを引いたり押したりしながら足場を作り、ひたすら登り続ける。
やがてヴィンセントは「落ちる夢をみると死ぬ」という都市伝説や、身の回りにも悪夢にうなされる男がたくさんいることに気がついていく。



難しいけどイージーもありますよ

正直言ってこのパズル部分、非常に難易度が高い。
徐々に足場が崩れていくという時間制限に加え、足場を作り間違えるとどう頑張っても登れなかったり、どうしても有効な足場の組み方が閃かなかったり。
だが、ゲームの難易度は3段階から選べる上、先日のアップデートによりかなり難易度が下げられた。

「手に負えないな」と思ったら、悪夢の中でさえなければ難易度が変更できる。
実際筆者もNormalでスタートしたはいいが(ゲーム内の)6日目で限界を感じ、その後にEasyに切替えた。7日目以降は割と気分良くプレイでき、物語に没頭できた。
だが、Normalでのプレイはかなり緊迫感を感じられて楽しい。パズルゲーム好きならば一度挑戦してみて損はない。
難易度の高さは若干操作性に起因する部分もあるように思うが、慣れると思い通りにヴィンセントを操ることが出来る。

ブロックを動かすにもある程度の法則があり、そのほとんどは序盤で習得できる。だがプレイを進めれば進めるほど「こういう方法があったか」というような登り方が体得できるのが面白い。
ルールは単純で奥が深い。優れたパズルゲームの条件を満たしているのではないだろうか。

悪夢の中ではヴィンセントと同じように登っている他の人物もおり、彼らは羊の格好をしている。彼らからみるとヴィンセントも羊に見えるようだ。
「悪夢の中で羊たちが祝福を求めて出口へと登り続ける」というコンセプトが、ヴィジュアルワークも手伝って寓話的で秀逸だ。

途中羊たちを通じて新たな登り方(技、と表現される)を教えてもらったり、さらには彼らの身の上話を聞かされたりするのも面白い。
プレイしているうちに同じ苦難を共有する同志として、彼らに愛着が湧いてくるはずだ。

ヴィンセントの悪夢にも終わりがあり、毎夜彼を追いかける恐ろしい存在から逃げきることができたら、朝を迎えることが出来る。
逃げ切れなければ…他の羊たちと同様、待っているのは「死」だ。



おとなの階段、登れますか?

無事目覚めたヴィンセントには現実での難関が待ち受けている。
まずは5年連れ添った彼女、キャサリンの結婚アピールだ。

キャサリンはスレンダーなメガネ美女。いやもうほんとグッと来る素敵なビジュアルだ。
実感できない結婚を前に、ヴィンセントはどう立ち向かうのか…?
それは様々な会話であったり、メールの返信だったりで変化する。
しかしどう選択しようとも必ずやってくる僥倖…いや、苦難がある。
奇しくも彼女と同じ名前である浮気相手、キャサリンの登場だ。

キャサリンは露出の高い服装の肉感的な派手系美女。ヴィンセントではなくても間違いを起こしそうな素敵なビジュアルだ。
泥酔の果てに起こした自覚のない間違いに、ヴィンセントはどう立ち向かうのか…?
いやはや、羨ましくもあり恐ろしくもある現実的なシチュエーションではある。

状況が身近だけに、メールの返信や会話は手に汗握るものがある。
悪夢に存在する踊り場で毎回出される質問も結婚に関連するものばかりなので、結婚という一大イベントに対しての自分の考え方を再認識することになるだろう。
しかもロード画面にも結婚に関する格言が表示されるという念の入れようだ。

最近発売されたゲームの中では際立って異色作と言ってもいいほど、このタイトルは作家性が高い。ヴィジュアルワークやPVに興味を持ったならば、手に取って損はないのではないだろうか。ただし、ゲームのメインはパズルアクションゲームである、ということは念を入れておきたい。

ぜひ成人男性にはプレイして欲しいイチオシタイトルではあるが、ただ、恋人や奥様とプレイするのは考えものかもしれない。
いや、貴方が恋人の眼の前で堂々と「恋人に携帯の中身を全て見せられる?」なんて質問に答えられる勇者であれば、話は別だが…その時はどちらにせよ、現実世界で失うものがあるかも知れない。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。