ガラスばかりではなく窓枠も大切 

窓枠の材料はアルミ材が多いです。窓枠も断熱効果を左右するので、どの材料を使うかは価格と合わせて考えておくことです。


【 主な窓枠の材料と性能 】
アルミ:
軽くて耐候性もあるが熱を通しやすい。結露も起きやすい。
樹脂:熱伝導率が低く、断熱効果もある。ただ防火基準で使えないところもある。
木製:断熱・気密性が良く、風合いや見た目も美しい。


アルミは価格も安く一般的ではありますが熱を通しという欠点があります。木製は断熱・気密性は良いのですが、価格がやや高めです。樹脂はちょうどアルミと木製の間くらいの価格といえます。


ガイド佐川のワンポイントアドバイス 

家づくりにおいて、暑い時・寒い時の冷暖房システムは何を取りいれようかと迷うことはありますが、なかなか窓の断熱・遮熱について考える方は少ないのではないでしょうか。まず窓のことをしっかり考えておけば、空調は少ないエネルギーで効率よくコストを抑えることができるのです。また新築時にガラスをエコガラスにしたいと思っても、どうしても予算の関係でつけられないということもあるでしょう。そういう場合には、既存のサッシに後付という方法で取り付けることもできます。何年か住んで住み心地もわかってきますので、断熱タイプと遮熱タイプの使い分けもしっかりチェックして取り付けると良いでしょう。

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。