修理を通じて、履き易い靴に再生する!

新宿・池袋と並ぶ東京の副都心の一つ、渋谷。埼京線&湘南新宿ラインや東急東横線の新駅の配置との兼ね合いで、そう呼ばれるエリアが昨今確実に広がっているのが他の2か所にはない特徴で、特に隣の恵比寿駅付近までの明治通り沿いは、21世紀に入って以降オフィス街化が急速に進む注目すべき地域です。今回はそんな大躍進中のエリアに店舗を構える靴のリペアショップ、ケーニッヒ デア マイスター(König der Meister)をご紹介します。ちなみにこのお店、何を隠そう我らがオールアバウトの本社の目の前!
店舗外観

渋谷と恵比寿の間の明治通り沿い、ちょうどライフスーパーの向かい側にある靴修理店ケーニッヒ デア マイスターです。スミレ色の看板が目立つので、迷子になることはまずありません

渋谷や恵比寿のみならず、外資系企業の幹部駐在員が多く暮らす広尾や、お洒落な店舗が軒を連ねる代官山にも近いこのお店は、その分お客様も多彩! 近隣のオフィスで働く方はもちろん、ファッション業界の関係者や、理由は後述しますが代表の出原さんが語学に堪能なこともあって、外国の方も頻繁に訪れるようです。取材の際中にも非常にお洒落な女性の方やスタイリストと思しき人が注文や完成品の受け取りに頻繁に出入りしているのが印象に残りましたが、中には履く本人ではなく秘書や運転手の方がいらっしゃるケースもあるとか。

実は出原さんは、お父様の仕事の関係でドイツのデュッセルドルフで生まれ、10代前半も彼の地で暮らしていた国際派。ドイツ語で「職人の王様」を意味するこの店名は、その地で実際に経験した靴事情、すなわち靴職人特に医学的に正しい靴を作成・提供できる国家資格を持つ職人が、医者と対等の立場で各々の事例に対処できる体制に敬意を込めて名付けたものなのです。出原さん自身も国内の学校で、靴の製造と共に解剖学を積極的に学んだ経験を持つだけに、このお店では単に仕上げの美しさだけでなく、「今まで以上に履き易い靴にする」が修理における太い軸になっています。

具体的には、修理を承る際には靴の原型になるべく近づける修理方法と共に、個々のお客様の履きグセを察知した上で「歩き易くなる修理方法」や「使い勝手の良くなる修理方法」も合わせて提示し、それらの中からいずれかを選択していただけるよう心掛けているとのこと。文章にすると簡単に思えますが、実は、足の構造的要素の他にそれぞれの修理部材が有する特性、そして欠点までも知り尽くしてないとできない接客です。この店を開く前に何万足もの靴修理をみっちり経験して来た出原さんだからこそ可能な、合理的かつ親身な方針と言えるでしょう。


具体的な修理例は次のページへ!

履き手の使い勝手を考え抜いた、丁寧な修理!

オールソール交換の修理例

オールソール交換の際に、「前半分はラバー・後半分はレザー」のソールとしたものです。ラバーとレザーの境目には段差も殆ど無く、美しくかつ極めて実用的に仕上がっています。修理代は、このレザーソール・ラバーハーフソール・ラバーヒールを用いると税込み1万4175円

ドイツ語の店名の響きだけでも堅実さが伝わって来るケーニッヒ デア マイスターは、修理の腕も勿論、履き手の側に立った確かなものがあります。その典型的な例として、上の写真をご覧いただきたい。「ソールの前半分にハーフラバーを貼るのなんて、どこでもやってるじゃん……」と思われるかもしれませんが、よく見て下さい。ソールの後半分は傷も全く無くスッピンですし、かと言ってこのエリアにありがちな靴メーカーの刻印も見当たらないので、新品の靴の前半分にラバーを貼った訳ではありません。

気付かれましたか? そう、これ、「前半分はラバー・後半分はレザーのソールに、オールソール交換したもの」なのです。新品のレザーソールの前半分にあらかじめヤスリをかけラバーの厚みの分だけ薄くし、その状態で出し縫いして靴のアッパーと繋げた後にラバーを貼るので、ラバー部とレザー部との段差が殆ど無く、見栄えが良いばかりでなく足の動きの妨げや蒸れも最小限に防いでくれます。

通常のオールソール交換より遥かに手間は掛かるものの、このお店のかゆい所に手を届かせる姿勢が見事に表れている修理例でしょう。日本の靴事情においてこの種のソールは確かに実用的なものの、新品の靴ではごく一部しか存在しないので、「新品時にレザーソールの前半分にいきなりラバーを貼るのには相当抵抗があるけど、オールソール交換までいったなら是非やってみたい!」と言う方が多くいらっしゃるはず。
ラバーソール各種

ズラッと揃った数々のラバーヒールは、いずれもビブラム社のもの。履き心地や耐久性のみならず、コストパフォーマンスにも非常に優れているのが特徴です。イタリア本家のものと並んで、アメリカ製のものもありますよ!

その他の修理に用いるパーツも、趣味的という以上に歩き易さや堅牢さを重視したものが多いのがこのお店の特徴。上の写真の通り特にビブラム(Vibram)社のものの充実ぶりには驚かされます。イタリア本家のものはもちろんのこと、ワークブーツ好きに絶大な人気を誇るアメリカ製ビブラムもあり、自分の足と靴の用途に応じてこれらの細かい使い分けが可能なのは、他店にはない魅力。木型の作成段階から靴を実際に作れるだけの技術を持つ出原さんらしい、一足の靴を更に長くそして快適に履けるための理に適った選択肢を揃えていると思います。

場所柄ドレスシューズのみならずスニーカー系の靴や、まるで現代美術かと見間違うような靴の修理依頼も時折来るのが楽しいとおっしゃる出原さんが一番嬉しくなるのは、やはり同じお客様が前とは異なる靴を持ち込んでくれた時や、別のお客様を連れて再び来店してくれた時。以前の修理が上手くいった何よりもの証拠だからです。2008年の3月末の開店以来、このようなリピーターを着実に増やしているケーニッヒ デア マイスターは、修理を通じて靴との長くかつ自然な付き合い方を教えてくれるお店であるのは間違いありません!

【DATA】
ケーニッヒ デア マイスター(König der Meister)
住:東京都渋谷区東1-27-6 成田ビル1F
地図: Yahoo!地図情報
TEL:03-6319-2304
営:11:00~21:00
休:日曜
HP:König der Meister 渋谷 靴修理

【最近の記事】
銀座ヨシノヤのパターンオーダー受注会 2011春
靴の「底」について深く考えてみる その7
SEPTISのトリッカーズ製完全別注ブーツ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。