この度の東北関東地方沖地震による被害につきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、甚大な被害を受けられたすべての被災者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
この未曾有の大災害による犠牲の大きさに言葉を失ってしまいますが、被災地のみなさまの安全と、被災地の一日も早い復旧復興を心よりお祈り申し上げます。

前回#004では、『心地よいサイズ3/動作と高さゾーン』についてお話ししました。今回は、¨部屋別家具選手権¨と題して家具の種類についての予定でしたが、緊急版・『緊急時にできる簡単家具地震対策法』です。

いやぁ、怖かったですね。
ちょうど事務所で仕事中でしたが、今までに経験したことのない地震の揺れでした。4~5分程でしょうか、、とにかく、長かった。そして、大きかった。
家具も音をたて、棚から本やモノなども倒れ、収納してあるモノが飛び出してきました。
大きいモノは必死で押さえましたが、あぁ、あのライトが、、、。思わず叫びました、、、ワァァァ!と。

やっと地震が収まっても、余震が。それもかなり頻繁に大きな余震です。
そこで、緊急時の簡単にできる家具地震対策方法をお知らせします。

地震対策/家具コツ1 棚や家具上部のモノは床に。

まず、棚や収納家具。
日頃から心得のある方は、地震防災用金具や用具で家具を壁や天井に固定しているでしょうが、それでも棚や家具上部のモノは降ろしましょう。
家具1

家具上部にあるモノ

家具2

家具の足下や床にモノを置く。

家具3

棚や家具の上部はスッキリと。

地震の際の揺れは、特に横揺れは上部ほど激しいのです。
家具の上部にあるモノは頭部に落ちてきたり飛んだり……本当に飛びます……極めて危険。上部にあるものは全て家具の足下や床に置くことです。