被災者の心はどのように変わっていくのか

sinsai2

被災から約半年ほどの期間は、心情が複雑に変化する

予期せずに被災に遭ってしまった場合、日常では想定できないほどのショックや恐怖、不安、悲痛を抱えてしまうものです。

個人差はありますが、災害時の心理状態は大きく分けて、次のように変遷すると考えられています(次の3項目は、特定非営利活動法人 埼玉カウンセリングセンター「災害危機に対する独居高齢者・障がい者支援事業」報告書から引用)。

1.急性期(災害発生直後から数日間)
・災害の直後はその衝撃に圧倒され、どの被災者も身体や思考や感情、行動にも影響が現れる。
・心拍数や活圧の増加、呼吸は速くなり、発汗がおきる。ものごとを合理的に考えることが出来なくなり、集中力や記憶力も低下する。
・茫然自失に陥り、不安や恐怖が強く、怒りと悲しみで一杯になるなどの情緒不安定に陥ることもある。
・行動も硬直化し、イライラしやすく、また非難がましくなって、コミュニケーションが上手くとれなくなる。

2.反応期(1週間から6週間)
・非常事態で興奮し、抑えられていた感情がわき出してくる時期。
・つらい出来事がよみがえってきたり、悪夢をみたり、緊張が高まり、イライラや孤立感が増し、しばしば抑うつ的になる。
・特に、家族を失った高齢者は、生き残った事に救われた気持ちと同時に、「若者が亡くなって、役に立たない年寄りの自分が生き残った」という罪業感(サバイバーズ・ギルト)を強く持つ場合がある。

⇒サバイバーズ・ギルトの記事はこちら

3.修復期(1ヶ月半から半年)
・心理面での適切なケアが受けられた場合や、通常の心理的な回復過程では、悲しみや寂しさが募り、不安を感じることもあるが、混乱した感情が徐々に修復され始める時期。
・つらい出来事が思い出されると苦しくなるが、少しずつ気持ちが収まり、日常への関心や将来への見通しに目を向けていけるようになる。
・一方で突然被災の記憶がよみがえったり、災害を思い出す話題や場所を避ける場合もある。自分が自分でないような感情にとらわれることも珍しくない。抑うつやアルコールの問題なども顕在化しやすい。

――震災直後の心理状況は、1.の「急性期」にあります。被災によるショックや恐怖、家族の安否への不安によって極度の緊張が続き、睡眠もしっかりとれず、興奮した状態が続きます。

余震が続き、日を追うごとに新たな震災の被害が報告されるなかでは、新たなショックや恐怖が押し寄せ、ストレスはさらに蓄積されていくでしょう。冷静に物事を捉えられるようになるまでには、あせらずに少し時間をかけていく必要があります。次のページへ