募金サイト

●国際協力NGOセンター(JANIC)  東北地方太平洋沖地震 緊急支援まとめて募金

NGOとNGO、NGOと企業、市民、政府・自治体などをつなぐネットワークNGOです。寄付金は、東北地方太平洋沖地震で緊急支援活動をするJANICの会員NGOに均等に分配されます。募金は2011年4月11日まで(予定)受け付けています。

●イーココロ
支援活動をする各NGOに直接寄付できます。ただし、集まった募金は使途指定はできません。一般寄付金として団体に寄付されます。

Give One
寄付先を比較・検討しながらできる寄付サイト。緊急支援団体への寄付ができます。

●災害支援 CANPAN
日本財団が運営するコミュニティサイト。「民による民のための災害緊急支援基金」として、募金を募集、被災地の人たちの支援に使われる予定。使途はCANPANのブログにその都度アップされていくそうです。

●JustGiving JAPAN
手数料+クレジットカード等決済手数料はチャリティ・プラットフォーム&JustGivingで全額負担し全額上乗せ寄付(マッチングギフト)する仕組み。チーム単位で募金を募り、そこに参加し、募金をすることをチャレンジと呼び、仲間と情報交換しながら寄付をし、支援を広げる仕組みです。義援金は国内外の災害支援活動をするCIVIC FORCE(シビックホース)に寄付されます。

募金サイトでは、寄付するNGOが重複しているところもあります。各NGOでも、活動資金として寄付を募っていますので、迷ったら、募金サイト経由ではなく、緊急支援に実績のあるNGOに直接寄付することをおすすめします。支援を始めたNGOの情報は次ページです。

また、どこのNGOに寄付していいかわからないという方は、日本赤十字社、もしくはジャパンプラットホーム(JPF)をガイドはおすすめします。ただし、日本赤十字を名乗った詐欺の手口は様々ですので、郵便振替や銀行振込やクレジットカードなどで、直接寄付することをおすすめします

JPFは、日本のNGOが緊急支援でダイナミックに活動するために作られた支援組織です。経済界もバックアップしており、各企業などからの義捐金・寄付金を緊急支援団体が初動時に必要なお金を提供しています。緊急支援は初動が大切な活動です。こういった組織ができたことで、各NGOは迅速に活動することができるようになった側面があります。