香港のフラッグキャリア! キャセイパシフィック航空

保有機材は128機

週120便、日本と香港を結ぶ

香港のフラッグキャリアといえばキャセイパシフィック航空。飛行機のテイル部分の迫力ある書法の羽と、アジア各国出身のクルーが身をつつむ、中国では「福」を意味する赤い制服で、日本でもおなじみのエアラインですよね。世界39カ国、141都市に運航しているこのエアラインの魅力をご紹介しましょう。

充実の日本~香港路線

2010年の10月から羽田便も加わり、東京(成田、羽田)~香港はなんと週49便に増えました! 成田発香港便は毎日午前2便、午後2便、それから台北経由が1便の計5便。羽田発は午前1便、午後1便なのでチョイスが多いのがいいですね。
関空発は午前2便、午後1便、そして台北経由が1便、名古屋発は午前1便と午後2便(うち1便は台北経由)が毎日就航しています。さらに、福岡と札幌からも毎日1便、ドラゴン航空とのコードシェアで沖縄からも週2便あります。

短い日程で名残惜しいという人におすすめなのはミッドナイトフライトの夜中便。香港を午前1時に出発し、日本到着が早朝6時。行き先は成田と関空とあります。気力と体力が必要ですが、空港からオフィスに直行することもできますね!

機内サービス

ビジネスクラスのパーソナルテレビ

番組チョイスの多いパーソナルテレビ

飛行機に乗って一番気になるのは機内食でしょうか。近場のフライトは1回、ヨーロッパやオセアニアのロングフライトでは2回ミールサービスがあります。台北経由だと2回ミールが出るので、お腹いっぱいになってしまうかも……。チャイルドミールやベジタリアンなどもありますが、事前に予約する必要があります。

その他嬉しいのが、エコノミーでも全機種、席の前にパーソナルテレビがついていること! 最新の映画からドラマ、ゲームなどもできてしまうのです。しかもオン・ディマンドなので、自分が好きな時に好きな番組を観られるんですよ。ゲームは他の席の人と対戦することも可能。

香港で買い忘れたものは、インフライトショッピングでみつかるかもしれません。化粧品からおもちゃやお菓子、キャセイグッズも揃っています。ガイドのお気に入りはパイロットテディーベア。すっごくかわいくておみやげに大好評です。(現在はうさぎのぬいぐるみのみ)

乗務員

赤、紫、紺色の制服

キャビンクルーは二ヶ国語以上話せる

日本路線では必ず数名の日本人クルーがいるので安心。機内アナウンスも日本路線は日本語でのアナウンスが入ります。他の路線にも日本人のお客さんの多い路線は乗務しています。キャビンクルーはアジア10カ国から、コックピットクルーはオーストラリアやニュージーランド、イギリスやアメリカ、そしてもちろん香港からもきているので、とてもインターナショナル。機長からのアナウンスの英語もいろんな英語圏の訛りがあって、おもしろいですよ。

 

アジアマイル・ワンワールド

航空会社だけでなく、レストランやレンタカーなどでもマイレージがたまるアジアマイル、それから12の航空会社が加盟しているワンワールド両方に加盟しています。せっかく飛ぶのだったら、特典をいただかないと!

お得情報もある、「香港スタイル」を活用して!

ホームタウンである香港の情報が満載の日本語ウェブサイト、香港スタイル。グルメやショッピング情報、キャビンクルーやスタッフによるおすすめするスポットの紹介もあります。いろんなキャンペーンやダウンロードできるクーポンもあるので要チェック。現在は4月1日から9月30日までは香港ディズニーランド内のギフトショップで使えるディスカウントクーポンがダウンロードできますよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。