OZONE家づくりサポートに登録している建築家による、実際に竣工した住宅の模型を図面と写真もまじえてご覧いただけます。構造の特徴についての基本情報とともに、それぞれの構造を活かした設計のポイントを分かりやすく紹介。また、建て主の要望をどのようにして実現させたかが細かく説明されていますので、いま家づくりを検討中の方にとっては、自分にぴったりの建築家を選ぶ手助けになること請け合いです。
undefined

会期:5月10日(火)まで 水曜休館  10:30~19:00 入場無料
会場:リビングデザインセンター OZONE 5階 特設会場 
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内
お問い合わせ: リビングデザインセンター OZONE TEL.03-5322-6500 

工夫を凝らした模型の数々

黒色で統一された会場には、「木造」75軒、「鉄骨造」8軒、「RC造」11軒、「リフォーム」6軒の住宅模型がテーマ別に並べられています。その中でも特に目を引くのがスケルトンタイプの模型。骨組みが分かる構造模型や、屋根や壁を透かして内部をあらわにしたものや、吹き出しを付けて部屋ごとの特徴を説明したものなど、様々な工夫を凝らした模型が目白押しです。
undefined

 

undefined

1. スタジオ・ノア森信人さんの「山王の家」
2. 「建築家と家を建てる」に登場したA.L.X.三幣順一さんの「HOUSE TOKYO」
3. 奥村和幸さんの「Oval Panel House」(左)と大島健二さんの「鶴ヶ島の家」(右)の構造模型。
4. 鈴木孝紀さんのリノベーション「ANNAKA HOUSE」
5. 吹き出しが付いた豊田健太郎+深山晶子さんの「八溝杉の家」

第一線の建築家と構造家によるセミナーも

会期中には、建築界の第一線で活躍中の建築家・構造家をゲストに迎えてのセミナーが催されます。
3月8日(火)は「構造」について。講師は建築家の遠藤政樹さん、構造家の佐藤淳さん、建築家の難波和彦さん。(五十音順)
3月28日(月)は「悦楽」について。講師は建築家の谷尻誠さん、永山祐子さん、長谷川豪さん。(五十音順)
コディネーターの首都大学東京助教授で建築学研究者の門脇耕三さんが、古くもあり新しくもある住宅設計のテーマを取り上げ、それらに現代的価値を与える建築的方法を講師の方々と探っていきます。
両日とも18:30~20:30 事前申し込み制で参加費2,000円。セミナーの後には講師との懇親会もあります。(参加費・別途500円)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。