数々の栄誉ある賞を獲得してきたロンジン

ロンジン

1867年にパリ万国博覧会で銅メダルを受賞したロンジン懐中時計

ロンジンの歴史は、スイス、ジュラ山脈の谷間に開けた小さな町サンティミエで1832年に遡る。オーギュスト・アガシが同地の時計製造販売会社の共同経営者に就任したのが始まりである。彼の事業を引き継いだ甥のアーネスト・フランシロンは、従来の各地に分散した時計職人や部品業者に頼る昔ながらの非効率的な方式を改めるために、1867年に「レ・ロンジン」と呼ばれる場所に工場を建設した。それは、近代的な生産方式を取り入れ、製造工程を一箇所に統合したスイス初の時計工場だった。
ロンジン

1889年にスイス連邦知的所有権局に登録された、有名なロゴマーク「翼の砂時計」


その成果は早くも現れ、新工場で作られたばかりの懐中時計が、同年のパリ万国博覧会で銅メダル受賞の栄誉に輝いた。1873年のウィーン万国博覧会では優秀賞、1885年のアントワープ万国博覧会では初のグランプリを受賞したロンジンは、その後も、1889年のパリで2回目のグランプリ、1900年のパリで4回目のグランプリを授与され、1929年のバルセロナでは通算10回目のグランプリ受賞という未曾有の記録を樹立した。

ロンジンはまた、時計にメーカー名やロゴマークを記して高品質を謳うことを始めた先駆者だった。「ロンジン」の名称や「翼の砂時計」のロゴマークは、工場設立の1867年から使われているが、1880年代にはそれらをスイス連邦知的所有権局に登録して、いわゆる「ブランド」の確立と保護にいち早く取り組んだことでも知られる。


次のページは語り継がれている航空時計「アワーアングル・ウォッチ」を紹介する。

語り継がれる「アワーアングル・ウォッチ」

ロンジン

1931年の「アワーアングル・ウォッチ」を忠実に再現する現在の「ロンジン リンドバーグ アワーアングルウォッチ」

ロンジンの精密時計は、1896年の第1回アテネ大会での試験使用に始まり、数多くのオリンピック競技で活躍したが、スポーツ計時に限らず、20世紀前半の探検者や冒険者とともに伝説を残した傑作も少なくない。

ロンジン

発売当時の広告。リンドバーグの肖像画の下に「時角」機能を説明する自筆のスケッチが添えられている

最も有名なのは、1927年に世界初の単独大西洋無着陸横断飛行に成功した空の英雄チャールズ・リンドバーグとともに語り継がれる航空時計「アワーアングル・ウォッチ」である。リンドバーグは、この時の経験に基づいて、航空航法に有用な時計を考案し、彼のアイデアを実現する特別な機構を開発したのがロンジンだった。1931年に発売されたこの腕時計は、針の位置とベゼルの目盛りから「アワーアングル(時角)」を読み取って、飛行中の航空機の現在位置(経度)が決定できる画期的なシステムを装備していたのである。

かつての船乗りたちが、航行中の船の位置確認に超高精度時計「マリン・クロノメーター」を頼りにしたように、「アワーアングル・ウォッチ」は、航空計器が未発達だった当時のパイロットにとって必需品になった。それはまた、精密さと信頼性で知られるロンジンの名声を一段と高める結果になった。通称「リンドバーグ」は、当時の機能とデザインを継承するモデルが現在でも作り続けられているように、その人気はまったく衰えを知らない。


【関連リンク】
ロンジン

【時計ブランドのヒストリー】
オメガの歴史
ロレックスの歴史
タグ・ホイヤーの歴史
ブライトリングの歴史
ゼニスの歴史
フランク・ミューラーの歴史
ジラール・ペルゴの歴史
オーデマ ピゲの歴史
ショパールの歴史
パテック フィリップの歴史
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。