「天頂」に輝く星のように

ゼニス

1865年の創業からわずか10年で大工場へと発展し、ル・ロックルの象徴になった

ゼニスは、1865年に青年実業家ジョルジュ・ファーブル=ジャコがスイスのル・ロックルに創業。機械化による近代的な製造システムを導入して、手頃価格の高品質時計を量産したゼニスは、創業からわずか10年で1000人を雇用する大工場へと発展した。当時のル・ロックルでは成年労働者の3人に1人がゼニスで働いていたという。ゼニスの時計はやがて、国内外の博覧会で受賞したり、天文台コンクールで1500もの受賞を重ねるなどして、名声を確立する。

「ゼニス(Zenith)」とは、天頂を意味する言葉で、これはもともと1900年に発表された新型ムーブメントに付けられた名称である。まさに天頂に輝く星にもたとえられる至高のムーブメントの誕生である。このムーブメントは同年のパリ万国博覧会で金賞を受賞する。1911年、創業者ファーブル=ジャコの引退を機に、社名も新たにゼニスへと改められた。

戦前のゼニスは、一般の時計のみならず、海洋や航空、鉄道の分野で用いられる精密時計の製作でも高い評価を受けた。昭和初期に日本の国鉄もゼニスの鉄道時計を正式採用した。ちなみに大正時代に日本に輸入された頃は、フランス語読みの「ゼニット」の名で親しまれていた。


次のページでは自動巻きクロノグラフの人気モデルを紹介する。

自動巻きクロノグラフという技術革新

ゼニス

1969年発表の「エル・プリメロ」搭載オリジナルモデル。そのデザインは今なお新鮮

第二次大戦後も高性能ムーブメントで名を馳せたゼニスは、1960年代後半に各社が取り組んだ自動巻きクロノグラフの腕時計をいち早く完成させて他を一歩リードした。1969年に誕生した世界初の専用設計による自動巻きクロノグラフ・ムーブメント「エル・プリメロ」である。このムーブメントは、自動巻き設計のみならず、テンプ振動数が毎時3万6000回というハイビートを採用し、その結果10分の1秒が計測可能なクロノグラフ機能を実現するなど、革新的な特徴を備えていた。

ゼニス

世界初の自動巻きクロノグラフ・ムーブメント「エル・プリメロ」

ゼニスはこの歴史に残る技術的快挙を成し遂げたムーブメントにスペイン語の「エル・プロメロ」という言葉を与えた。「最初」を表すこの言葉が「最高」や「最速」といったじつに多様な意味を含んでいることは言うまでもない。以来40年以上に渡って「エル・プリメロ」搭載の腕時計が、ブランドの代名詞になり、コレクションの核を担い続けることになる。

21世紀になって、「エル・プリメロ」のムーブメント心臓部を文字盤から見せた新時代のラグジュアリーウォッチ「クロノマスター オープン」をはじめ、トゥールビヨンやミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダーなどの高度な複雑機能を加えたモデルを続々と発表して人気を博したゼニスだが、2009年に「エル・プリメロ」40周年を記念する復刻モデルの発表を機に、再びクラシカルなデザインへの回帰も見られ、今なお注目を浴びている。


【関連リンク】
ゼニス

【時計ブランドのヒストリー】
オメガの歴史
ロレックスの歴史
タグ・ホイヤーの歴史
ブライトリングの歴史
フランク・ミューラーの歴史
ジラール・ベルゴの歴史
ロンジンの歴史
オーデマ ピゲの歴史
ショパールの歴史
パテック フィリップの歴史
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。