航空クロノグラフの先駆者 ブライトリング

ブライトリング

2個のプッシュボタンでクロノグラフを操作する機構もブライトリングが開発

クロノグラフの開発を通じて重要な革新を積み上げてきたブライトリングの原点は、創業当初から受け継がれる「計器としての時計づくり」にある。創業は1884年。レオン・ブライトリングが設立した精密機器を製造する工房に始まる。2代目ガストンの時代、1915年には世界初の腕時計クロノグラフを発表。3代目ウィリーの時代は、2個のプッシュボタンでスタート/ストップとリセットを操作する現在一般的なクロノグラフ機構を開発したり、また、航空界と親密な関係を築き、コックピット搭載用計器の第一人者として名声を確立した。

ブライトリング

1915年にブライトリングが誕生させた世界初の腕時計型のクロノグラフ

1942年に回転計算尺を備える世界初のクロノグラフ「クロノマット」、1952年には航空計算尺を備える画期的な「ナビタイマー」が誕生する。現在のようなハイテク計器や管制システムが未発達だった当時、世界のパイロットたちはこの時計の機能をフライトに必要なあらゆる計算に役立てたのである。

現在のブライトリングは、「クロノマット」や「ナビタイマー」をはじめとする航空クロノグラフを軸にしながら、伝説のダイバーズウォッチの現代バージョン「スーパーオーシャン」なども加え、多彩なモデルを展開している。また、自社製の高性能自動巻きクロノグラフ・ムーブメント「01」も完成し、その搭載モデルが続々と登場している。


次のページでは「ナビタイマー」について詳しくご紹介する。

すべての航空時計のオリジン「ナビタイマー」

ブライトリング

1952年に誕生した「ナビタイマー」のオリジナル・モデル

ブライトリングといえば、まず多くの人が「ナビタイマー」を思い浮かべるだろう。すでに述べたように、オリジナル・モデルの発表は1952年。本格的な航空時代の代名詞となったこの腕時計は、あらゆる航空時計のまさしく原点だった。

1950年代は、航空時代を反映してGMTやワールドタイムといった一般の旅行者に便利な表示機能を搭載した腕時計が盛んに作られた。しかし、世界初の航空計算尺を備えたクロノグラフ「ナビタイマー」は、航空機を操縦するパイロットにとって必要な計算機能に特化している点が最大の特徴である。つまり、実際のフライト前、あるいはその最中にパイロットが操作して初めて機能に意味が生じるプロ用ツールなのである。ちなみに、初代モデルは世界パイロット協会の公式時計に認定された。

1985年、ブライトリングは、オリジナル・モデルのデザインを忠実に甦らせた「オールド・ナビタイマー」を発表して、航空クロノグラフの伝統を再び印象づけた。現代の「ナビタイマー」は、ラインナップも広がり、さまざまなバリエーション・モデルが作られているが、航空計算尺を配した独特のスタイリングは一貫して変わらず、ファンの間で絶大な人気を誇っている。


【関連リンク】
ブライトリング

【時計ブランドのヒストリー】
オメガの歴史
ロレックスの歴史
タグ・ホイヤーの歴史
ゼニスの歴史
フランク・ミューラーの歴史
ジラール・ベルゴの歴史
ロンジンの歴史
オーデマ ピゲの歴史
ショパールの歴史
パテック フィリップの歴史

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。