ハワイ・ローカルフードの最高峰、プレートランチ

プレートランチの定番メニュー、ショウユチキン(画像:カカアコ・キッチン)。カロリーなんか気にしてはいけません!

プレートランチの定番メニュー、ショウユチキン(画像:カカアコ・キッチン)。おかずとご飯ふた盛り、マカロニサラダひと盛りの典型的なプレートランチ

ハワイのローカルフード、B級グルメを語る上で欠かせないのが、ご飯とおかずがひと皿に盛られたプレートランチです。安くて旨くてボリューム満点! 肉系、魚系、中華に和食、ハワイアン……と、バリエーションも豊富。サッと食べられる手軽さで、旅行者にも大人気です。

おかずの交換から始まったプレートランチ

同じ場所に登場するランチワゴン

同じ場所に登場するランチワゴン

ひと皿に何でものせてしまうプレートランチの文化は、19世紀後半から20世紀初頭にパイナップルや砂糖きび農園で働く日本、ポルトガル、中国などの移民労働者たちが、弁当のおかずを交換しあったことが始まりだと言われています。

現在のプレートランチは、白いスチロール製の容器に、アイスクリーム・スクーパーですくったご飯ふた盛とマカロニサラダひと盛、メインのおかず(ハワイでもOKAZUと呼ぶ)が入るのが基本形。添えられるおかずの種類もテリヤキチキンやチキンカツ、ビーフシチューのほか、韓国焼肉、中華、ハワイ伝統料理などの専門店もあって多国籍。ショッピングセンターのフードコートをはじめ、ビジネス街やビーチパークにやってくる移動式のランチワゴン車でも販売しています。  

プレートランチのオーダー方法

ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリルのメニュー表。レギュラーサイズ、ミニサイズのほか、サンドイッチにもアレンジ可

ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリルのメニュー表。レギュラーサイズ、ミニサイズのほか、サンドイッチにもアレンジ可

カパフルの人気グリルプレート、グッド・トゥ・グリルにて

カパフルの人気グリルプレート、グッド・トゥ・グリルにて

初めてプレートランチにチャレンジする人へ。プレートランチのオーダー方法をご紹介しましょう。はじめに、メニューに書かれたメインのおかずを選択します。基本は1種類ですが、ミックス、コンボなど2~3種類入ったメニューも。ミニサイズを用意する店もあるので、女性や少食の人は、そちらがおススメ。テイクアウトの場合は、「to go(トゥ・ゴー)」と伝えます。

ご飯とサラダの種類が選べる店では、白米(ホワイトライス)か玄米(ブラウンライス)、グリーンサラダかマカロニサラダをチョイス。韓国料理、和食のプレートランチでは、サラダの代わりにガラスケースに並ぶ付け合わせから、2~4種類を選びます。そして、お会計。番号札を受け取って(レシートに番号が書かれていることも)、または、名前を伝えて出来上がりを待ちましょう。  

まずは、ショッピングセンターのフードコートへ

ローカルで賑わうアラモアナセンターの台所、マカイマーケット

ローカルで賑わうアラモアナセンターの台所、マカイマーケット

プレートランチを手軽に体験できるのが、ショッピングセンターのフードコートです。広大なフロアに約30もの店がひしめき、世界中の味が楽しめるアラモアナセンターのマカイマーケットは、ローカル御用達。ワイキキの真ん中、ロイヤル・ハワイアン・センター2階のパイナ・ラナイは、オープンエアで明るく、空いているので覚えておくと便利。テイクアウトしてビーチや公園で食べるのもいいですね。

昔ながらのローカル定番プレート、レストラン味のグルメプレート

バーベキュー、ロコモコなど昔ながらのガッツリ系プレートランチから、レストラン顔負けのグルメプレートまで、ホノルルの人気プレートランチをピックアップしました。いろいろ食べ歩いて、好みのプレートランチを発掘するのも楽しいですよ。