2011年春夏も引き続きミリタリーは人気

2010年の秋冬にブレイクしたミリタリー。引き続き、今年2011年の春夏ファッションのトレンドでもあります。でも、今シーズンは同じミリタリ—でもクリーンでシンプル、ちょっと控えめなのが特徴。ちょっと見ただけではミリタリーとは分からないけれど、よく見ればちゃんとミリタリーが入っているといった感じです。なので、迷彩柄やMA-1といったいかにも軍服を全身で着るのではなく、その要素が入っているものやワンアイテムをさり気なくコーディネートに取り入れるのがコツです。

コートはソフトな印象のモッズコートできまり

ミリタリー

春先にも着用できるモッズコート。1着あると便利です。私物 Photo:石井幸久

それでは、具体的にはどのようにミリタリーの要素を取り入れればよいのでしょう。まずおススメしたいのは春先のマストアイテムであるモッズコート。1950年代頃、アメリカ軍が着ていたパーカー風コートが原型となっている軍用のコートです。そのままのモッズコートは、ハードでやぼったいアイテムなのですが、現代風にアレンジされたシンプルでソフトな印象のものは今年の春にはぴったりのアイテムでしょう。色は基本アーミーグリーンですが、ベージュやネイビーでもOK。一見、ミリタリーに見えないけれどもよく見るとミリタリーだというのがよいのです。

次のページでもさらにミリタリーアイテムを紹介します。

ジャケット、パンツ、さらには小物でもミリタリー

ミリタリー

軽く羽織って、さり気なく着こなしたい。袖をまくるなどのアレンジもアリ! 私物 Photo:石井幸久

ジャケットにミリタリーを取り入れる場合はシンプルなスモッグタイプのものがベスト。迷彩柄やエポーレット、金属ボタンとなると、いささかミリタリーすぎます。パンツもコマンド—パンツのような本格的なものではなく、ミリタリーカラーのカーゴパンツで雰囲気を出す程度にします。

ミリタリーの服を着るのはちょっとと言う人はミリタリーっぽい小物やアクセサリーでトレンドをおさえるのもいいでしょう。。例えば、ミリタリー風の時計やキャップを身につけたり、バッグを持ってみたり。とにかく今年の春夏のミリタリーな着こなしのポイントはシンプルにさりげなく見せること。ミリタリーが流行っているからと言って全身ミリタリーにしてしまうと危ない軍服マニアになっちゃいますのでご注意を。

【最近の記事】
Vネック・タートルネックセーターのコーディネート術
2010年冬、おすすめのストールの巻き方Part2
2010年冬、おすすめのストールの巻き方はこれ!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。