ネクタイの結び目でラフ感を演出

タイのノットは無造作に結ぶのがよいとされます。そのため左右非対称なプレーンノットが人気なのです。小剣をわざと長く結び垂らす小技もありますが、ここではノットの結び目をラフに見せるため、左右に引っ張ってリボンのように仕上げます。

手順01

ドレスダウンプレーンノット

Photo:石井幸久

タイの表面が上になるよう首に掛けます。

手順02

ドレスダウンプレーンノット

Photo:石井幸久

大剣を小剣の上にクロスさせます。このとき、結び目を作る場所でノットの大きさが決まってくるので調整しましょう。

手順03

ドレスダウンプレーンノット

Photo:石井幸久

大剣を小剣に巻きつけるようにして……。

手順04

ドレスダウンプレーンノット

Photo:石井幸久

もう一度、大剣をぐるりと反対側へ。

手順05

ドレスダウンプレーンノット

Photo:石井幸久

首もとのループに大剣先を下から上に引き上げます。

手順06

ドレスダウンプレーンノット

Photo:石井幸久

大剣でできたループに剣先を上から下へ引き通します。

手順07

ドレスダウンプレーンノット

Photo:石井幸久

大剣を引いてディンプルを作り、ノットを仕上げます。あまり引きすぎて、ノットが小さくならないように。

手順08

ドレスダウンプレーンノット

Photo:石井幸久

小剣を引いてノットを衿羽根に納めたら、プレーンノットが完成ですが、ドレスダウンプレーンノットの場合は、実はまだ先があります。

手順09

ドレスダウンプレーンノット

Photo:石井幸久

ここで大剣と小剣を、左右に引っ張ります。

ドレスダウンプレーンノットの完成!

ドレスダウンプレーンノット

Photo:石井幸久

ノットの下側で大剣と小剣がズレた状態になったら完成です。ノット下がリボンのように膨らむうえ、無造作感が演出できる結び方です。
ドレスダウンプレーンノット

Photo:石井幸久



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。