クラシックさのなかに漂うモダンさ

平林洋服店

オッドジャケット

フルオーダーというと、カチッとしたスーツやジャケットのイメージがありますが、平林洋服店の「ビ・スポーク」は、もう少しカジュアルな日常着のアイテムがメイン。まさに“テーラードな日常着”です。店名はまるで老舗テーラーのようですが、実は2010年1月にスタートしたまだ新しいビ・スポークブランドです。

平林洋服店

フラップ付きポケットがクラシックでスポーティーです

テーラーでありパタンナーでもある平林伸元さんは、壹番館洋服店でテーラーリングを習得後、ドレステリアでメンズパタンナー、ブリオーニ銀座直営店ではショップテーラーとしてス・ミズーラの採寸やプレタ商品の補正などに携わってきました。

2006年にフリーパタンナーとして独立、2007年にABITOを設立し有名セレクトショップのモデリングなどを請け負っています。

老舗テーラーのスーツから現在のアパレルブランドのカジュアルアイテムまで理解しているところが、なんといっても魅力です。そんな彼が始めた平林洋服店は、クラシックな要素のなかにも現代的なカジュアルさがバランスよく漂っています。

もちろん伝統的なビ・スポークスーツも仕立てられますが、今回は春先にぴったりなカジュアルなコートとジャケットを紹介します。

次のページではコートを紹介します。

春夏におすすめのジャケットとコートです

平林洋服店

ラグランショップコート

オッドジャケット前ページの写真)は、大身返しの一枚仕立てのカジュアルなジャケットです。ウエストのシェイプがとても綺麗で、フラップ付きのスラントポケットがカジュアルな雰囲気を伝えています。センターベントの上にはクラシックな背バンドが付けられ、スポーティーさをうまく引き出しています。

肩パッドがしっかり入ったクラシックなジャケットも悪くありませんが、気軽に着られるこんなジャケットも好きです。カーキ色のコットン地でオーダーしてみたくなりました。

ラグランショップコートは、裏地も袖裏も省略した一枚仕立てのコートで、袖はラグランスリーブ、背バンド付き。内側の縫い代は袋縫いになっています。デザインの源泉は、その昔ロンドンのお店の人が着ていたカジュアルな上着とのこと。大きめの上襟とパッチポケットがクラシカルかつユニークです。

平林洋服店

コートの後ろは背バンドが付いています。

このサンプルを着用したところ、ウエスト位置が高いためか、実際の体型よりもスマートに見えました。自分のサイズで仕立ててもらえば、さらにカッコよくなりそうです。

参考までに、ビ・スポークのスーツは28万円~。上記で紹介したコートやジャケットに比べて、より本格的な作りのものです。

取り扱い生地・・・ドラッパーズ、ハリソンズ、H.E.BOXほか。

制作期間 3ヶ月~4ヶ月仮縫い付き

※予約制

【DATA】
ABITO
住:東京都渋谷区恵比寿2-2-16 2F
TEL:03-6450-2254

【最近の記事】
Vick tailorのセミビスポークスーツは狙いめ!
ヴェスタの新作コートは、注目のダブルブレスト!
アンコン仕立てのシングル チェスターコートが完成!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。