本当に暖房なし?

勝間さんと言えば、『働く女性の3種の神器は、食洗機、乾燥機、24時間風呂』と著書にあるくらい、効率を重んじるイメージがあったのですが、暖房なしとはびっくりしました。だって、やっていることは節約主婦と同じですよ!?

暖房なし生活についてはブログの記事になっており、どうやら本当のようです。
“暖房をつけずに、着て歩く生活”

でも何かが節約主婦とは違う気がします。番組収録前の緊張感漂うスタジオで、いてもたってもいられなかったので、ついつい収録とは全く関係ない『暖房なし生活』について、聞いてしまいました。

何と! 部屋で毛皮をお召しです

勝間さんに『暖房なし生活』真相をお尋ねすると……。

山口:勝間さん、ブログ拝見しました。本当に暖房つけていないんですか?

勝間さん:つけていないですよ(微笑む)。この歳になって初めて気付きました。自分ひとりで家にいるときは、部屋全体を暖めるより、自分の周りだけ暖めれば一番効率がいいですからね。

山口:着るってことですね!?

勝間さん:そう。綿入れ半てんの代わりに毛皮を着て、足はブーツ型のゆたんぽをはいています。

山口:毛皮ってところが、勝間さんらしいですね。そういえば最近は街で毛皮着ている人見かけませんよね。

勝間さん:街で着ないから、家の中で着るんです(笑)。

山口:ちなみに、毛皮の種類は?

勝間さん:ミンクでも、セーブルでも、ヤフオクで2~3万円から買えますよ!

スタッフ:おお~~! ミンクを着て中はTシャツですか!? 勝間さん!

山口「かっこいい! それにしても、高級毛皮が2~3万円とは安いですね。バブルのころに買った毛皮を街で着ないから売る人が多いってことですね。

勝間さん:そうですね。新しい暖房器具を買うより安いですしね。

確かにオイルヒーターと変わらない値段で電気代、ガス代0円。冬の暖房費が、ワンシーズン2万円を超えることを考えると、ワンシーズンで元が取れることになります。古着なら、毛皮も再利用でエコ、エネルギーも使わないので、更にエコになりますね。

節約主婦と何が違う?

「お金がないから節約する!」というのが、節約を始める多くの人のきっかけでしょう。では、勝間さんは?

「お金がないから」がきっかけではありません。お金はあっても、いらないものはいらないし、無駄は無駄。こんなことをしたらちょっと面白そう!という好奇心がきっかけとお見受けしました。

「節約疲れ」とい言葉を、最近よく聞きます。「毎日我慢して疲れてしまったので、ストレスが溜まって高い物を買ってしまった」とか「もう節約がいやになってしまった」とか……。私のところへお金の相談にくるお客様の中には、そうおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。暖房をつけない、という行動ひとつとっても、「真冬に暖房もつけられないなんて……」「暖房もなしで、着て過ごさなければいけないなんて……』そう思って暖房なし生活をしていたら、それはとても苦痛でしょう。

節約疲れは、「なぜ、私だけこんな生活をしなければいけないの?」「今頃、○○さんは暖かいお部屋にいるんでしょうね……」といったように自分と他人を比べたり、「あの時こうすればこんなことにならなかったのに……」というようないくら考えても何の得にもならないことを堂々巡りのように考えてしまいがちです。

勝間さんの暖房なしの話をセミナーや個別相談ですると、「え? あの勝間さんが!? 」と、みなさんとても驚きます。そして、次の瞬間ちょっと救われたような表情をされる方がとても多いのです。

次のページは、節約に疲れてしまったあなたへ。