ウイスキーのチカラ

1961年トリス広告

1961年トリス広告

政治も経済も混沌としちまっているし、学生の就職超氷河期とやらの言葉がやたら聞こえてくる。“青年よ大志を抱け”といっても、皆が皆冒険する訳にもいかず、未来図を描こうにも描けない学生がたくさんいる。
就職だけが人生か、なんて口にできる状況ではない。仕事に就かなければ食ってはいけないのだから。これは国の責任でもあるが、我々大人たちの責任でもある。何も活性化できなくて申し訳ない。
若者ために何か役に立とうしても、わたし自身明日をも知れぬフリーの身であり、人を雇うだけの甲斐性もない人間である。情けない。
仕方ないからウイスキーのチカラを借りてしまうしかない。

日本を元気にするウイスキーがある。トリスだ。戦争に負けた翌年の1946年に誕生した、庶民派ウイスキーである。敗戦の困窮時、悪酒がはびこっていた時期に、一般市民が入手しやすい価格のウイスキーとして開発された。このトリスが、そしてトリスバーが人々の心にあかりを灯したことは周知の事実だ。

経済成長とともにトリスバーは興隆し、トリハイ(トリスのハイボール)を飲んで高揚した心を鎮め、また「明日も頑張るぞ」と気持ちを高めもした。
これは広告にも表現されていて、同じ1961年に「人間らしくやりたいナ トリスを飲んで人間らしくやりたいナ」と「トリスを飲んでハワイへ行こう!」の両極のようなコピーが世に出ている。それぞれサントリー(当時寿屋)宣伝部時代の開高健と山口瞳のコピーである。まだ日本は貧しくはあったが、次第に物質的な豊かさを求めようとしていく中で生まれたものだ。
いまから眺めると、当時、トリスはいつも日本人の心の壷の渇きを癒し、潤いを与えていたといえよう。

日本人なんだから、トリス

1981年トリスCM「雨と犬」篇

1981年トリスCM「雨と犬」篇

そう思わせるのは、トリスもトリスバーも時代としての役割を終えた1981年のCM「雨と犬」である。雨の中をさまよい歩く子犬を描いた作品だったが、豊かになった日本でこれからどう生きるか問いかけてくるような、人間的な優しさに目覚めさせられるような映像が流れた。
思い出された方もいらっしゃるはずだが、「雨と犬」はトリスの広告だったのである。

トリス<エクストラ>/700ml/40%/¥1,080

トリス<エクストラ>/700ml/40%/¥1,080

昨年秋、ハイボールのためにトリス<エクストラ>が発売された。時代はまた混沌としている。こんな時こそ、やはりトリスなのかもしれない、と思ってしまう。
そして、就職に苦しむ学生諸君に、「何もしてあげられないけど、愚痴ならばいくらでも聞いてあげるよ」とトリスとソーダをグラスに注ぐ、そんな日本であって欲しいと願ってしまうのだ。愚痴は格好悪くないよ。人間なんだからナ。たまには心の壷のオリを吐き出し、心の壷を潤そう。
人と人、世代を超えた交流が希薄になりつつある。大人がスーッと学生に話しかけ、トリスを酌み交わす、そんな日本であって欲しい。おじさんは手助けできる甲斐性はないが、トリスぐらいはごちそうできる。

関連記事

ハイボールのためのトリス<エクストラ>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。