スタンダードスコッチを飲もう

バランタイン ファイネスト

バランタイン ファイネスト/700ml/40%/¥1,540

ここ1、2年、ハイボール(ソーダ割り)という飲み方が浸透した。おかげでこれまでウイスキーに馴染みのなかった方々が、ウイスキーは意外と飲みやすい、甘みもあってとっつきやすい、とファンになってくださっている。
とはいっても、一般に飲まれている銘柄はサントリーの角瓶が断トツ人気で、他にはニッカのクリアブレンド、そして昨秋発売されたトリス<エクストラ>あたりまでといったところ。入門者の方々には、今年はもう少し間口を広げていただきたいと願い、ハイボールにおすすめのウイスキーを紹介する。
しっかりとしたブランドで大概の酒販店には置いてあり、価格もお手頃なものを取り上げてみた。
まずはスコッチから。スタンダードスコッチではバランタイン ファイネストを試してみてはどうだろう。ブレンデッドスコッチの入門編といった感覚で捉えていただければ有り難い。
バランタインは17年、21年、30年といったプレミアムものが知られているが、ファイネストはザ・スタンダードスコッチとしてヨーロッパで人気が高い。
バニラや蜂蜜といった香りが特長的で、口にすると複雑味がありながらとても滑らかだ。ロックでもいいし、ハイボールでもおすすめ。
その他ではジョニーウオーカー赤、ホワイトホース、デュワーズ ホワイトラベルなんかもハイボールで試していただきたい。
 

アメリカンを飲もう

アーリータイムズ・イエローラベル

アーリータイムズ・イエローラベル/700ml/40%/¥1,540

今回はアメリカンウイスキーも紹介しよう。とうもろこしを主原料につくるバーボンはハイボールがよく似合う。
ポピュラーなのはアーリータイムズ。ケンタッキーダービーの公式飲料であるカクテル・ミントジュレップのベースとして知られているが、バーボンらしい甘み厚みがある。
バーボンでは他にワイルドターキー、I.W.ハーパーなどもおすすめ。

同じアメリカンでもバーボンのケンタッキーではなく、隣のテネシーウイスキー、ジャックダニエルは一度試しておいていただきたい。いま世界で最も飲まれているウイスキーの味くらいは知っておいてもいいのではと。


ジャックダニエル ブラック

ジャックダニエル ブラック/700ml/40%/¥2,400

サトウカエデの木炭で濾過してから樽貯蔵するチャコール・メロウイング製法から生まれた、心地よいまろやかな口当りとオーク樽の風味を感じさせながらすっきりとした後味が特長だ。ハイボールでもロックでも飲み方はなんでもいい。

簡単に紹介したが、今年はいろいろなウイスキーに挑戦してみていただきたい。入口はハイボールでいい。そこから少しずつステップアップ。ロック、そしてプレミアムなウイスキーの熟成感をストレートで堪能してみるようになってくだされば嬉しい。

関連記事

パンとバターのようなウイスキー
ウイスキーの飲み方[入門編]
自宅に常備したいブレンデッド
貌で飲むウイスキー。ラベルの美学
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。