袴はセルフでも簡単に着付けられます

卒業式に袴を履いてみたいという人は多いですよね。
でも、ちゃんとした着付けの仕方は、学べるところがなかなかありません。そこで、今回は女袴の着付け方をご紹介します。袴は、意外と簡単にセルフで着付つけられるので、ぜひ覚えて、卒業式などの行事で挑戦してみてくださいね。

ちなみに袴は「着付ける」ではなく「付ける」「履く」ということもありますがこの記事では「着付け」で統一しています。

女袴を着付けるポイントは

女袴をつける場合は、普段とは違う着物の着方をします(参照:「着物の着方」)。

女袴

裾は短くする

特に裾は床上20cmほどになるように短くし、袴の長さを見て、帯の上側が1~2cm出る高さに帯がくるように伊達締めをし帯を巻く。衿合わせは少し深めにして半衿は1~1.5cm出し、衣紋は指3~4本ほど抜く。

 

女袴

文庫の羽根は身幅より狭くする

帯は、文庫を小さめに結ぶ(参照:「文庫の結び方」)。袴をつけた時に土台になるので、しっかりと結んでおく。袴をつけても脇からおはしょりが見えるので、袴をつける前におはしょりを確認し、胸元、帯の位置を整えること。







次は、袴の着付け方をご紹介します >>


女袴の着付け方


女袴

袴の長さと帯の位置に注意

1.袴の前紐を帯が1~2cmくらい見えるように当てる。

 

女袴

帯にしっかりからませる

2.前紐を後ろにまわし、帯結びの上で交差させ、押さえるようにして引き締め、紐を前にまわす。

 

女袴

引き締めながら

3.前紐は右脇で左紐を上にして交差させる。

 

女袴

紐がねじらないように

4.下側の紐を折り上げ、左紐の上に重ねながら後ろにまわす。

 

女袴

解けてこないようにしっかりと結んでおく

5.紐は帯結びの下でしっかりと結び、長い場合は紐の端をはさんでおく。結び目を内側に返しておくと解けにくい。

 

女袴

背中にぴったりとつける

6.後紐の上側を背中に当て、下側は帯結びの上にのせるようにして紐を前にまわす。

 

女袴

結び目は左右どちらでもかまわない

7.右脇で右紐を上にして交差させ、下から上に前紐の下を通してひと結びする。

 

女袴

紐の長さのバランスを見て

8.上になっている紐で輪を作る。

 

女袴

結び目が緩まないように注意

9.下になっている紐で輪を巻きこむようにして双輪(もろわ・ちょうちょ結び)にする

 

女袴

紐は下に流す

10.左右の輪を同じに整え、残りの紐は下に流す。










女袴

袴は足の甲よりやや上の長さに

11.出来上がり。

 

女袴

後ろ上がりに仕上げる

側面から見て、後ろ(背中)上がりに見えるように仕上げるのがコツ。

 
ぜひ卒業式などの大切な行事の際に、自分で着付けてみてください。きっと思い出になりますよ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。