冬の代表的なファッションアイテムにニットがあります。ニットとは柔らかく撚(よ)った糸を編み上げたもの全般のことですが、代表的なウールのセーターやカーディガンは寒い冬には欠かせないものです。また、これらのニットアイテムを上手にコーディネートすることで、冬ならではのスタイリングを楽しむこともできます。今回は、冬のニットの着こなしとしてVネックとタートルネックセーターのコーディネート術をご紹介しましょう。
Vネックセーターの着こなし

ジャケットにVネックセーターを合わせると、まるでスリーピースのスーツを着たときのような洗練された印象をつくることができます。この場合、Vネックセーターは品のよい明るめのトーンを選びます。 Photo:石井幸久 

胸元を引き立たせるVネックセーター

Vネックはセーターの定番のネックラインですが、コーディネート次第でさまざまな表情を持たせることができます。ラフに着こなすには丸首のT シャツの上にVネックセーターを着て、その上にトレンチコートを羽織ります。Tシャツはスタンダードな白、Vネックセーターはグレイやネイビー。首元が寒いときにはストールを巻けばOK。

さらに、シャツとネクタイ、ジャケットとVネックセーターをコーディネートすると、ビジネスシーンにも対応できます。Vネックセーターを合わせることで、スリーピースのスーツを着た時のようなドレスアップした印象をつくることができます。この場合のポイントはセーターの色。品のよい明るめのトーンにします。例えば、今年の秋冬のトレンドカラーであるキャメルとかライトグレーのような色をジャケットとシャツの間に見せることで胸元を引き立たせることができます。

次のページではタートルネックセーターの着こなしを解説します。

小顔効果も!? タートルネックセーター

タートルネックセーターの人気はここ数年沈静化していましたが、今年の冬には注目のアイテムとして再び脚光を浴びています。タートルネックはぜひともワードロープに必ず揃えておきたいアイテムのひとつ。ブルゾンやダウンジャケットなどと合わせるとカジュアルなコーディネートができるのはもちろん、ドレスジャケットやスーツと合わせれば、ちょっとしたパーティなどにも出かけることもできます。

黒やダークグレイのタートルネックセーターは首を包み隠すため不思議と引き締まって見えます。特に、小顔に見せたい場合には黒のタートルネックが威力を発揮。まず揃えたいのは、黒、ネイビー、グレイの定番色です。なぜならば、これらの色はどんなジャケット、コート、パンツにも簡単にコーディネートができるからです。さらに、これらの色はほかの色よりも洗練されたスタイリッシュな印象を与えることができます。
タートルネックセーターの着こなし術

タートルネックセーターはワードロープに必ず揃えておきたいアイテムのひとつ。ベーシックな黒、ネイビー、グレイがあれば便利です。黒いタートルネックセーターには小顔に見せる効果もあり!? Photo:石井幸久

2011年も年が明け、これからが冬本番。Vネックセーターとタートルネックセーターを上手にコーディネートして、寒い冬をお洒落に乗り切りましょう!

【最新の記事】
2010年冬、おすすめのストールの巻き方Part2

2010年冬、おすすめのストールの巻き方はこれ!
男のワンショルダーバッグの選び方と持ちこなし方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。