ネットスーパーを利用しより食費を節約するためには

■ネットスーパーのみで定期的に買い物をし予算を管理する
定期的にネットスーパーを利用するのであれば、1回の予算は○円までというように、食費管理ツールとして利用する方法があります。

スーパーでは会計前に明確な購入金額がわからないので、きっちり計算しながら買い物しなければ予算をオーバーすることはよくあるもの。ネットスーパーなら買い物中から購入予定金額が表示されるので「予算オーバーしているからこの商品はやめておこう」などの調整が可能で、予算を守りやすくなります。

■納品書を在庫管理に活用
食材と一緒に届く納品書は、在庫管理に活用できます。納品書には細かく商品名が記入されているので、在庫チェックリストとして冷蔵庫の扉などに貼っておくと便利。使った食材からマーカーで消していけば、食材の使い忘れ防止になります。

■リアル店舗の買い物と併用で食費管理を楽に
日常的な買い物ではなく、値段の高い米や調味料だけでもネット注文にするという食費管理テクもおすすめ。

例えば1か月の食費を2万5千円にしたいという場合、1ヶ月に一度、5千円分だけ米や調味料をネットスーパーで注文します。そして、残り2万円を4週に分けて1週間5千円ずつ買い物をするというようにすれば、予算管理が楽になりますよ。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。